エネルギー・資源・鉱業

エネルギー・資源・鉱業業界が抱える課題とPwC Japanが提供するサービスをご紹介します

国際的な資源獲得競争の激化、日本国内の電力自由化に伴い、エネルギー業界は再編の過渡期にあります。また、二酸化炭素(CO2)削減や省エネ促進を背景に、エネルギー市場も多様化。需給構造の変化に対応しつつ、再生可能エネルギーなど新分野への進出も企業にとっての課題となっています。特に、公共インフラ事業分野は、近年の気候変動や新興国における経済拡大、サステナビリティ改善のプレッシャーといった複雑な課題に直面しています。

PwC Japanグループでは豊富な経験と専門知識を有するアドバイザーが、事業統合や海外展開、新分野への進出をはじめ、企業のさまざまなチャレンジをワンストップで支援します。

  • 制度変更
  • 市場競争
  • 事業効率化
  • 組織再編
  • トレーディング
  • 報告/統制/リスク

{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}

主要メンバー

野口 功一

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

Email

小林 昭夫

パートナー, PwCあらた有限責任監査法人

Email

片山 紀生

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

Email

吉田 英史

パートナー, PwCアドバイザリー合同会社

Email

村上 高士

PwC税理士法人, パートナー, 東京

Email