人材サービス

「人生100年時代」を迎え、人材サービス業界が直面する新たな課題の解決を支援します。

健康寿命が延び、若者から高齢者まで、全ての人が元気に活躍し続けられる「人生100年時代」が到来しています。ライフステージは、従来の「教育」を受けてスキルを身につけ、「仕事を通じて成長」し、「引退する」という一方通行の流れではなく、それらが複雑に絡み合う多様なものに変化しつつあります。このパラダイムシフトに適応していくために、人材サービス業(人材派遣業、人材紹介業など)は、「仕事」を中心として、個人のライフステージの変化(要望)に応じた働き方や、企業のビジネスモデル・ビジネス環境の変化に応じた人材活用のあり方を提案し続けていく必要があります。

また、少子高齢化や生産人口の減少を背景とした「雇用の創出」や、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響による景気後退局面での「失業の解消」など、刻々と変化する労働市場における社会課題の解決に向けて、人材サービス業界が担う役割は極めて重要となっています。

人材サービス業界は、来たるべき新たな社会の潮流を捉え、個人側と企業側の断続的に変化するニーズを両面から理解し、対応することが求められています。そのためには、実効性のある事業戦略の立案から実行、組織・意識変革そしてテクノロジーの活用やデジタル変革に、スピード感をもって取り組まなければなりません。PwC Japanグループは、人材サービス業の専門家チームを有しており、官公庁や自治体、業界団体、事業会社との連携を含む豊富な経験と知見、実績のある各種ソリューションとサービスによって、人材サービス業に携わる企業の課題解決を支援しています。


{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}

主要メンバー

宮城 隆之

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

Email

南出 修

ディレクター, PwCコンサルティング合同会社

Email

田中 大介

ディレクター, PwCあらた有限責任監査法人

Email

石本 雄一

ディレクター, PwCコンサルティング合同会社

Email

石川 真之

シニアマネージャー, PwCコンサルティング合同会社

Email