資産運用

資産運用業界が抱える課題とPwC Japanグループが提供するサービスをご紹介します

わが国の新成長戦略では、金融を戦略分野の一つとして位置づけ、企業などに多様な資金調達手段を提供することを通じて実体経済を支えること、また、1,600兆円を超える家計の金融資産を活用して、金融自体が成長産業として機能すること、の主に2つの役割が期待されています。この中で、資産運用業界も、国内および世界の市場で成功を得るためにさまざまな対応が求められています。
主な課題としては、以下が挙げられます。

資産運用

  • 投資家のニーズに合った商品の提供
  • 金融危機、規制対応、海外ビジネス強化

不動産運用

  • 投資家層の拡大による安定的な運用資産の増大
  • 投資対象資産の拡大

PwC Japanグループでは、業界特有の課題に効率的かつ効果的に対応するために、資産運用業および不動産運用業の専門チームを編成し、専門性の高いサービスを提供しています。

最新情報

主要メンバー

清水 毅

パートナー, PwCあらた有限責任監査法人

Email

鶴田 光夫

パートナー, PwCあらた有限責任監査法人

Email

澤田 竜次

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

Email

佐々木 健仁

パートナー, PwCアドバイザリー合同会社

Email

高木 宏

PwC税理士法人, パートナー, 東京

Email

Contact us

Follow us