サイバーセキュリティ&プライバシー

デジタル時代の信頼(Trust)構築にむけて、サイバーセキュリティ、プライバシー、データ安全性、信頼性などさまざまな観点から、クライアントを支援します。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に乗じたサイバーセキュリティ攻撃への対応

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は、人的・経済的に世界へ大きな影響を及ぼしており、その混乱が続いています。PwC Globalネットワークでは、新型コロナウイルスに関連したサイバーセキュリティ攻撃の動向を取りまとめています。詳しい情報、個別案件への取り組みにつきましては、PwC Japan グループ サイバーセキュリティチームまでお問い合わせください。

COVID-19に乗じたサイバー攻撃への対応方法 [English]

新時代のセキュリティ対策は「デジタルトラスト」が鍵になる

5G、IoT(Internet of Things)、人工知能(AI)、RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)といったエマージングテクノロジーによってビジネスやライフスタイルが大きく変化し、データの安全性や信頼性をめぐる新たなリスクが生じています。日本企業がデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進し、ビジネスを持続的に成長させていくためには、デジタル時代において必要とされる信頼、すなわち「デジタルトラスト」の構築が求められています。

PwCは、サイバーセキュリティ、プライバシー、データの安全性、信頼性などさまざまな観点から、クライアントのデジタルトラスト構築を支援しています。

loading-player

Playback of this video is not currently available

デジタルトラストの構築に向けたPwCのアクション

PwCが支援したデジタルトラスト構築の実例を、クライアントとの対談形式でご紹介します。

{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}

PwCが提供するサイバーセキュリティ&プライバシーサービス

サイバーセキュリティコンサルティング

第三者からのサイバー攻撃がビジネスに与えるインパクトが大きくなり、それによるサイバーインシデントがビジネス継続の成否に直結する時代になりました。PwCは、企業のITシステム、OT(Operational Technology)システム、IoTの領域におけるサイバーセキュリティ対策を支援します。サイバーセキュリティ管理が難しい海外拠点でも、PwCが有するグローバルネットワークを活用し、戦略立案から実行まで包括的な支援を提供します。

サイバーセキュリティエンジニアリング

近年、非常に巧妙で戦略的かつ組織的なサーバー攻撃が増加しています。攻撃者の技術レベルは進化の一途をたどり、さまざまな防御対策の裏をかくようになっています。PwCは、実在する攻撃者の戦術やテクニック、手順を想定した攻撃をクライアント企業に対して実際に行い、脆弱性の洗い出しやレジリエンス能力の評価を実施します。また、その評価に基づいた必要な対応・施策をクライアントのビジネス・オペレーションのニーズに合わせて提供します。

プライバシー

グローバルにビジネスを展開する企業にとって、世界各国で変化し続けるプライバシー関連法令の動向をいち早くキャッチし、コンプライアンス体制を整備することは最低限の責務と言えます。PwCは、グローバルスタンダードや業界の最新動向を踏まえ、プライバシーに配慮したデータ活用ビジネスの戦略立案から実行までを支援します。

{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}

主要メンバー

外村 慶

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

Email

綾部 泰二

パートナー, PwCあらた有限責任監査法人

Email

林 和洋

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

Email