Skip to content Skip to footer
Search

Loading Results

産業機械

産業機械業界の抱える課題とPwC Japanグループが提供するサービスを紹介します

「高品質かつ高機能」な日本製産業機械は国際競争力の源泉であり、日本のメーカーは信頼に裏づけられた高い技術力で世界の産業界をリードしてきました。しかし、近年は新興国メーカーの技術向上や、欧米メーカーによるコア事業への集中投資およびM&Aが拡大し、競争は激化しています。

このような厳しい環境下においても、日本のメーカーが世界でのシェアを伸ばしている領域もあり、新しい技術の誕生により今後のさらなる成長も見込まれます。日本メーカーには先進的なビジネスパートナーと協業することで技術や開発力の優位性を維持しつつ、デジタルトランスフォーメーション(DX)、最適生産体制を通じた低コスト化、成長分野への積極投資、戦略的な事業提携などを進め、グローバルな視点で事業を展開することが求められます。

PwCは、国内外の多岐にわたる分野の多様なプロフェッショナルが緊密に連携し、産業機械業界が直面するこれらの課題解決を支援するとともに、持続的な成長に貢献します。

業界を取り巻く課題とPwCのソリューション

顧客ライフサイクル全体での価値提供の最大化

産業機械業界では、急激な事業環境の変化、顧客ニーズの多様化、工場IoT/AIをはじめとするデジタル化への対応が求められています。設備・部品の販売に集中していたビジネスモデルを脱し、顧客の潜在的な課題に対するソリューション提供・アフターサービスを含めた顧客ライフサイクル全体での価値提供の最大化を図れるかが大きなテーマとなっています。

PwCは製品の販売からアフターサービスまで含む顧客ライフサイクル全体での価値提供の最大化に向けた事業戦略の策定、アカウントマネジメント制度導入、設計・製造・品質・アフターサービスを統合した情報プラットフォーム構築など総合的な支援体制を整えています。

オペレーション改革

資材価格の高騰、今後導入が見込まれるカーボンプライシング(炭素の価格付け)への対応など、外部環境の変化や規制要件に迅速に対応しつつ、リスクを事前に見抜いた上でサプライチェーンを最適化するといった難題に各企業は直面しています。こうした課題を乗り越えるためには、テクノロジーや卓越した機能を導入するだけでは不十分であり、オペレーション全般に関わる変革と統合が必要となります。一方で、突発的な生産計画の変更、製品在庫の滞留、不用品の発生など、産業機械業界の特徴である受注生産方式に起因した足元の課題に取り組む企業が少なくないことも事実でしょう。

PwCではグローバルおよび日本市場で培った知見を組み合わせ、不確実な将来に備えて売上・利益を先読みし、変化への迅速な対策を打つための戦略立案から業務設計、定着化までのオペレーション変革を支援するサービスを提供しています。

カーボンニュートラルや循環型経済モデルへの対応

産業機械業界においても、近年の消費者の購買行動の大きな変化や幅広いステークホルダーからの社会的要請にどう応えていくかが大きな課題です。循環型経済への対応やカーボンニュートラルへの取り組みを推進し、成長機会につなげることが焦点の一つとなっています。

PwCは、産業機械メーカーのサステナビリティ戦略や循環型経済モデルの実現に向けた戦略の策定・実行を支援します。

DX

既存事業におけるコスト削減や売上向上などの「守りの経営」にDXを活用。加えて、デジタル時代における新規事業・新サービスの探索など「攻めの経営」にもDXを活用る企業増えてきています。

PwCグローバルネットワークは1,500を超えるDXのユースケースを保持しており、DXによる新規事業開発やデジタル戦略策定、実績のあるDX施策の提供まで、攻めと守りの両面から総合的に支援するサービスを提供しています。

分野別サービス

  • 海外進出・進出後の国際税務
  • 海外事業が稼得した利益に対する租税戦略(国際持ち株再編、移転価格、オフショア再投資の手法など)

{{filterContent.facetedTitle}}

主要メンバー

本木 昌裕

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

Email

山中 鋭一

パートナー, PwCあらた有限責任監査法人

Email

松島 栄一

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

Email

金澤 信隆

パートナー, PwCアドバイザリー合同会社

Email

清宮 陽二

パートナー, PwC税理士法人

Email

山口 政敏

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

Email