重工業・産業機械

重工業・産業機械業界の抱える課題とPwC Japanグループが提供するサービスを紹介します

日本製品が誇る「高品質・高機能」は国際競争力の源泉で、日本メーカーは信頼に裏づけられた技術力で世界をリードしてきました。しかし、近年は新興国メーカーの技術向上、欧米メーカーによるコア事業への集中投資・M&Aが拡大し、競争は激化しています。原料価格も高騰し、日本メーカーはコスト競争力の強化、サービス・事業モデルの差別化などが急務となっています。

事業環境は依然厳しい状況ながら、新興国の需要は旺盛で、日本・欧米市場の回復が期待されます。また、国際的な技術開発競争の中、新たな環境技術(代替エネルギーや省エネルギー)や加工技術(微細加工や新素材加工)も誕生し、今後の成長が見込まれます。日本メーカーは先進的なビジネスパートナーと協業して技術優位性や開発力を維持しつつ、最適生産体制を通じた低コスト化、成長分野への積極投資、戦略的な事業提携などを進め、グローバルな視点で事業を展開することが期待されます。

Contact us

Follow us