Skip to content Skip to footer
Search

Loading Results

サステナビリティ戦略策定支援サービス(パーパス・長期ビジョン・中期経営計画策定)

競争優位性を価値創造につなげるサステナビリティ戦略

企業のサステナビリティとは、長期的な企業価値向上のためのビジネスアプローチを意味します。この価値は顧客・従業員・株主・サプライヤーなどの社内外のステークホルダーにより創造されるものであり、ゆえにこのビジネスアプローチは戦略・マネジメントと情報開示の2つの側面から推進される必要があります。

また、価値創造につながるサステナビリティ戦略とそれを実現するアクションプランを策定するにあたっては、サステナビリティのメガトレンド(地球規模の課題)に対するリスクと機会を把握した上で、戦略および取り組みの価値を理解し、戦略の進捗を捉える計測可能な指標を設定することが不可欠です。これらの新たな課題に積極的に取り組む企業のみが他社との差別化を図ることができ、グローバルリーディングカンパニーとして、その戦略的競争優位性からもたらされる価値を享受できるものと考えられます。

競争優位性を価値創造につなげる サステナビリティ戦略

ビジョン・長期戦略・中期経営計画策定(再構築)の必要性

企業はサステナビリティ経営への転換を求められている一方で、従来よりも長い時間軸において、環境・社会などの新たな外部要素や、新しいステークホルダーの動きへ対応することが求められています。

サステナビリティ経営を推進するにあたっては、自社が解決すべき重要課題(マテリアリティ)を特定することに加え、経済だけでなく、環境・社会への貢献度が高い企業として成長を目指すことが必要です。

ビジョン・長期戦略・中期経営計画策定(再構築) の必要性

これからのビジョンに求められるもの

かつてビジネスは「人々に喜びを与えているから良い」「経済的価値を生んでいるから良い」とされていました。しかし、環境や社会の上に経済が成立していることが明らかになった今、企業には「親亀こければ皆こける」を防ぐべく、「親亀・子亀である環境・社会と共存しながら価値を出す」ための”北極星”ともいうべきビジョンを改めて策定することが求められています。

これからのビジョンに 求められるもの

PwCのサービス

私たちは、企業を取り巻く外部環境を分析することで、長期ビジョンとしての「あるべき姿」を設定し、目標達成に向けたKPIの設定から中期経営計画への取り入れまで、継続的に支援します。また、「あるべき姿」に向かってどのように到達すべきかを、事業ドメインの変更も含めて検討し、サポートします。検討過程においては、本質的に持続可能なビジネスを目指すビジョンをクライアント企業とともに追求し、リーディングカンパニーとしての成長を支援します。

PwCの サービス

PwCサステナビリティが選ばれる理由

グローバルネットワーク

60カ国以上、700名以上のプロフェッショナルからなるグローバルサステナビリティサービスチームが案件に応じて連携し、サービスを提供します。またGRI、IIRC、WBCSDなど主要機関にも常駐スタッフを派遣しています。

日本における専門知識

日本企業特有の課題を理解した上で、クライアント企業に適切な改善策を提供します。

豊富な実績

毎年数多くのグローバル企業に対してサステナビリティ戦略策定支援のアドバイザリーを提供しています。

{{filterContent.facetedTitle}}


{{filterContent.facetedTitle}}

主要メンバー

坂野 俊哉

シニア・エグゼクティブ・アドバイザー, PwC Japan合同会社

Email

磯貝 友紀

パートナー, PwCサステナビリティ合同会社

Email

安間 匡明

執行役員常務, PwCサステナビリティ合同会社

Email

服部 真

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

Email

東 輝彦

パートナー, PwCアドバイザリー合同会社

Email

松岡 慎一郎

パートナー, PwCアドバイザリー合同会社

Email