サステナビリティ戦略策定支援サービス

戦略的競争優位により価値創造につながるサステナビリティ戦略の立案と実行に向けて

企業のサステナビリティとは、長期的な企業価値向上のためのビジネスアプローチです。この価値は顧客・従業員・株主・サプライヤーなどの社内外のステークホルダーにより創造されるものであり、ゆえにこのビジネスアプローチは戦略・マネジメントと情報開示の2つの側面から推進される必要があります。

また価値創造につながるサステナビリティ戦略とそれを実現するアクションプランの策定においては、サステナビリティのメガトレンド(地球規模の課題)に対するリスクと機会の把握、戦略および取り組みの価値の把握、戦略の進捗を捉える計測可能な指標の設定が不可欠であり、これらの新たな課題に積極的に取り組む企業のみが他社との差別化を図ることができ、ひいてはグローバルなリーディングカンパニーとしてその戦略的競争優位からもたらされる価値を享受できるものと考えられます。

PwCのサービス: Strategic Sustainability Services Framework(3SF)

PwCは3SFのフレームワークに基づき、サステナビリティの課題の特定から、重要課題分析(マテリアリティアセスメント)、ビジョニング(長期的な目指すべきポジションの設定)、ギャップ分析、そしてギャップを埋めるためのプログラムの開発まで、包括的なサービスを提供しています。全てのプロセスにおいてPwCのグローバルネットワークを最大限活用し、グローバルトレンドを日本企業としてどのように咀嚼し理解すればよいか、グローバルにどのようなステークホルダーと関係構築をすべきかについてもアドバイスします。

サステナビリティの課題には産業特有の課題が多く存在します。よって、グローバルベンチマーク調査を実施し、クライアントと競合する先進企業のポジションを分析し、業界内で他社との差別化を図るためにはどのような選択肢があるのかを提示します。またすべてのプロセスにおいて、その遂行には関与者の教育が非常に重要な役割を果たします。PwCは経営層へのブリーフィングを含め、社内関係者への教育プログラムも準備しています。

PwCサステナビリティが選ばれる理由

グローバルネットワーク

サステナビリティ関連サービスにおいては、60カ国以上、700名余の専門家から構成されるPwCのGlobal Sustainability Service Teamが連携しています。またGRI、IIRC、WBCSDなど主要機関にも常駐スタッフを派遣しています。

日本における専門知識

日本企業の抱える課題を理解した上で、クライアント企業に適切な改善策を提供します。

豊富な実績

PwCでは毎年多くのグローバル企業に対して環境・サステナビリティ戦略策定支援のアドバイザリーを提供しています。


{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}

主要メンバー

丸山 琢永

パートナー, PwCあらた有限責任監査法人, PwCビジネスアシュアランス合同会社

Email

磯貝 友紀

パートナー, PwCあらた有限責任監査法人

Email

田原 英俊

パートナー, PwCあらた有限責任監査法人

Email