地政学リスクマネジメント対応支援

高まる地政学リスクによる日本企業への影響

世界中で高まる地政学リスク

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックにより、世界経済は多大なダメージを受けました。今後はワクチンの分配状況、経済復興の速度次第で先進国市場と新興国市場の間に格差が生まれ、さまざまな政治リスクへと発展する可能性があります。米国ではバイデン政権が始動しました。今後詳細が明らかになっていく政策の内容によっては、経済やテクノロジーなどの分野における中国との対立関係の行く末が懸念されます。地球環境や気候変動に対する意識の高まりは、世界各国の協調路線をもたらしましたが、同時に産業政策、規制、課税などにおいて新たな競争の兆しもみせています。

世界情勢を見据えながら事業や投資活動を実施していく日本企業にとって、地政学の視点は今や欠かせないものとなっています。

PwCのアプローチ

近年の地政学リスクは複雑かつ流動的です。広範な国・地域の政治的状況とリスクが相互に関連し、影響を及ぼし合う中、日本企業がグローバルに事業を展開する上で、地政学リスクに対する統合的な理解と対応が必要不可欠となっています。

このような背景を踏まえ、私たちは各国のPwCネットワークと連携しながら、日本企業にとってインパクトの大きな地政学リスクを中心に、最新の動向や影響をタイムリーに発信します。その上で、事業に対する影響の評価、リスクの定量化、シナリオ予測などの手法を用いて、地政学リスクによる損失の軽減や未然防止に向けた効果的・効率的な対策立案と実行を支援します。

地政学リスクに対する日本企業の意識と対応実態調査

PwC Japanグループでは、2019年3月に日本企業の地政学リスクへの意識や影響、対応状況などに関する実態調査を400名を対象に実施しました。本レポートでは、地政学リスクが日本企業に及ぼす影響について調査の結果を分析するとともに、地政学リスクに対する企業戦略・管理体制の在り方について考察し、地政学リスクマネジメントに必要なスキルおよび成功条件を提示します。

詳しくはこちら

地政学リスクに対する日本企業の意識と対応実態調査

{{filterContent.facetedTitle}}