運輸・物流

運輸・物流業界が抱える課題とPwC Japanグループが提供するサービスをご紹介します

グローバルでの競争激化やM&A活発化、規制緩和に伴う新規参入などが進み、企業には経営環境の変化に柔軟に対応した、新たな成長戦略が求められています。運輸・物流業の復活は、日本経済繁栄の布石です。業務効率化とコスト抑制を進めつつ、顧客満足度を高めて収益を拡大するには、5つの経営課題―事業の選択と集中、グローバル戦略の見直し、多様化への対応(製品・技術・従業員・顧客)、コアスキルを生かした競争力向上、経営体質の強化―に取り組む必要があります。

PwC Japanグループはクライアントとともに考え、実行するスタイルを基本に、戦略立案から実行計画の策定、施策運用まで支援するワンストップサービスを提供します。アジア・新興国への進出、積極的なM&A、グループ経営管理を通じたコスト削減、グローバル人材の育成など、さまざまな課題に直面する企業を総合的にサポートします。

鉄道業界向けコンサルティング

旅客輸送の需要が縮小の一途をたどる日本の鉄道業界。鉄道事業と非鉄道事業を有機的に連動させ、鉄道利用客に新たなサービスと付加価値を提供し、持続可能な組織をつくることが必要となっています。PwCは、鉄道業界向けにソリューションを提供します

詳細はこちら

航空・防衛産業向けコンサルティング

PwCは、航空・防衛産業の支援に特化したチーム、Aerospace & Defenseを有しています。M&AやPMIによる事業拡大、航空機製造の戦略立案から開発プラットフォーム(PLM/MES/ERP)の構築、MROやサービスビジネスへの進出、オペレーションの最適化やセキュリティ対策などを支援します。

詳細はこちら


{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}

主要メンバー

渡部 達

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

Email

鈴木 雅勝

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

Email

杉本 究

パートナー, PwCアドバイザリー合同会社

Email

蒲池 茂

パートナー, PwC税理士法人

Email

山田 祐介

パートナー, PwC税理士法人

Email