サステナビリティ情報開示戦略策定およびレポーティング支援サービス

価値創造につながる非財務情報の開示のための戦略立案とその着実な遂行に向けて

非財務情報開示におけるグローバルトレンド

企業のサステナビリティとは、長期的な企業価値向上のためのビジネスアプローチです。この価値は社内外のステークホルダーにより創造されるものであり、ゆえにこのビジネスアプローチは戦略とマネジメント、および情報開示の2つの側面から推進される必要があります。また、現在大きな潮流となっている国際統合報告協議会(IIRC)が進める統合報告は、企業のCSR・サステナビリティマネジメントをコアビジネスに組み込むことで、情報開示の側面から長期的な企業価値向上を図るものであり、今後このようなアプローチがグローバルなスタンダードになるものと考えられます。

多様化する情報開示の要請への対応

Corporate Registerの調査によると、CSR・サステナビリティレポートを発行する企業におけるGRIガイドラインへの準拠の割合は増加し続けており、多くの企業にとってGRIガイドラインが非財務情報開示における重要な基準となっています。一方で、Dow Jones Sustainability IndexやCDPなどのサステナビリティ格付けを含むさまざまなステークホルダーの要請により、情報開示の要請はますます多様化しています。このような状況の中、その全ての要請に個別対応することは極めて非効率であり、全ての情報開示要件を把握した上で、より効率的かつ効果的な情報開示の戦略を持つことが極めて重要です。

PwCのレポーティングフレームワーク:一つに統合化された情報パッケージ

外部要因

  • 経営者による外的な市場変化のドライバーの理解が、効果的な意思決定と情報開示に不可欠である。
  • 外部要因の理解においては、変わりゆく社会の期待に加えて、市場を形成する重要な要因を捉えることが必要である。
  • サステナビリティのメガトレンドとそれがビジネスに与える影響を理解することで、企業のリスクと機会が明らかになる。

戦略

  • 戦略は、市場変化のドライバーを正しく捉えるとともに、企業のコアコンピタンスと整合していなければならない
  • 戦略的優先事項(マテリアリティ)は役員報酬と想定されるリスクと明確に対応したものでなければならない
  • 戦略の実現においては企業文化や企業の価値観、ガバナンスに対する理解がますます重要になる

経営資源・利害関係者との関係

  • ビジネスモデルがバリューチェーン全体に対して果たすべき役割を理解することが重要である
  • 企業の資源(財務資本・人材・環境資本)とステークホルダー(顧客・従業員・取引先など)の間の相対的な重要性は市場の変化に依存する。
  • これらの情報は定性的な表現にとどまらず、経営者に報告すべき明確なKPIとされるべきである。

パフォーマンス

  • 1~3に加え、企業活動の成果(パフォーマンス)を示すことで、統合化された情報パッケージが完成し、クライアントの全体像を示すことができる。
  • 社会の期待は変わりつつあり、企業の貢献はよりバランスよく評価されることが必要になる。例えば、資源の消費や富の創出、富の分配の開示が、長期的視点からのサステナビリティに対する正しい洞察を与える。

PwCのサービス

PwCサステナビリティが選ばれる理由

グローバルネットワーク

サステナビリティ関連サービスにおいては、60カ国以上、700名余の専門家から構成されるPwCのGlobal Sustainability Service Teamが連携しています。またGRI、IIRC、WBCSDなど主要機関にも常駐スタッフを派遣しています。

日本における専門知識

日本企業の抱える課題を理解した上で、クライアント企業に適切な改善策を提供します。

豊富な実績

PwCでは毎年多くのグローバル企業に対して環境・サステナビリティ戦略策定支援のアドバイザリーを提供しています。


{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}

主要メンバー

丸山 琢永

パートナー, PwCあらた有限責任監査法人, PwCビジネスアシュアランス合同会社

Email

田原 英俊

パートナー, PwCあらた有限責任監査法人

Email

福田 愛奈

マネージャー, PwCあらた有限責任監査法人

Email