不動産

不動産業界が抱える課題とPwC Japanグループが提供するサービスをご紹介します

世界的課題である人口減少問題は、日本では高齢化問題と相まって、不動産開発分譲・住宅業界の将来的な市場構造に大きな変化をもたらすと予想されます。拡大の一途をたどってきた世帯数は2015年から2020年の間にピークを迎え、将来的な世帯数の減少による住宅需要の減少は、深刻な業界課題となりえます。このような業界を取り巻く環境の変化に対して、日本の不動産開発分譲・住宅業界の各プレーヤーは、海外不動産市場への積極的参入や、リフォームや賃貸メニューのバラエティを増やすなど、人々のライフスタイルの変化に柔軟に対応するさまざまな提案を行い、生き残りをかけた競争が激化しています。不動産運用業(資産運用Asset management)では、投資家層拡大による安定的な運用資産の拡大、投資対象資産の拡大などが課題であり、そのためには投資家への信頼性の高い財務報告の提供、ファンドや資産運用会社が上場する際の各種複雑な実務への対応、国内外不動産へ投資する際の税務上適切なストラクチャーの組成等々がますます重要となっています。

PwC Japanグループではクライアントの抱える業界固有の課題やリスクに対し専門チームを結成し総合サービスを提供します。豊富なアドバイザリーサービス提供実績をもとに、海外進出の際のきめ細かなサポートなど、事業戦略上のアドバイスや経営の効率化についても全面的に支援します。

最新情報

主要メンバー

椎野 泰輔

パートナー, PwCあらた有限責任監査法人

Email

太田 英男

パートナー, PwCあらた有限責任監査法人

Email

佐々木 健仁

パートナー, PwCアドバイザリー合同会社

Email

長島 剛

パートナー, PwCアドバイザリー合同会社

Email

高木 宏

PwC税理士法人, パートナー, 東京

Email

五代 英紀

パートナー, PwCあらた有限責任監査法人

Email

Contact us

Follow us