Skip to content Skip to footer
Search

Loading Results

不動産取引/不動産ファイナンス

PwC弁護士法人では、不動産取引/不動産ファイナンスに精通した弁護士が、クライアントのニーズに応じた最適なサービスを提供します。

PwC Japanグループ内の税務、会計、ビジネスなどの専門家と協働し、クライアントのためにストラクチャーの検討から契約作成・交渉、クロージングサポートまで一貫したサービスを提供し、多様化するクライアントのニーズに応じた法的助言および解決策を提供します。

不動産の流動化・証券化案件(不動産M&A取引を含む)において豊富な経験を有し、国内外の不動産ファンド、金融機関、開発業者などを代理して、オフィス、ホテル、レジデンス、データセンター、物流/商業/ヘルスケア施設といった国内外の不動産の買収・投資案件や再開発案件に関与しています。PwCグローバルネットワークとの連携により、国内の不動産への投資を行う海外投資家や海外不動産への投資を行う国内投資家に対するサポートも行っています。

不動産の売買、賃貸借、管理、紛争対応などに関する日常的なアドバイスのみならず、PropTech(不動産テック)に関連するサポート、プロジェクト関係者の経営破綻などにより運用が悪化したプロジェクトのリストラクチャリングにも対応します。

主なサービス

主な サービス

サービス例

不動産投資・開発案件のサポート

国内外の投資家が不動産を取得・開発するにあたり、投資ストラクチャーを検討したうえ、デューデリジェンスを実施し、必要な資金を調達するためのファンド組成や、金融機関などからの借入れ等をサポートします(契約書の作成・交渉、法律意見書の作成を含む)。また投資に係る権利や対象不動産の売却など、出口戦略の実行もサポートします。

ファイナンス案件のサポート

金融機関がファイナンス取引をする際に必要なローン契約、プロジェクト契約、各種担保契約などをドラフトし、クロージングをサポートします。サポートにあたっては、リストラクチャリング対応の経験を活かしてリスク分析を実施し、ドラフトを用意します。

また、プロジェクト関係者が破綻した場合やキャッシュフローが悪化した場合、デフォルト宣言および担保実行、相殺処理などのリストラクチャリング対応を行い、金融機関の債権の保全と回収を図ります。

主要メンバー

神鳥 智宏

パートナー, PwC弁護士法人

Email