ダイバーシティ&インクルージョン

多様性の受容

垣根を越えた多彩な人材が互いに融合しあいながら活躍できる場を提供

 

多様なスキルとバックグラウンドを持った人材がクライアントへの価値を創出

私たちは、多様性の促進、多様性を受容するカルチャーの醸成、健全なワークライフバランスを保つための支援などを通じて、私たちのスタッフとクライアントに対し、価値を創造します。

一般的にダイバーシティは多様性を尊重することとされていますが、私たちは単に性別、年齢、国籍、経験、障がいの有無などの多様性を尊重する「ダイバーシティ」だけでなく、垣根を越えた多彩な人材を長期的に維持し、互いに融合しあいながら活躍できる場を提供していく「インクルージョン」こそが、クライアントへの継続的で付加価値のあるサービスの提供を可能にすると考え、ダイバーシティ&インクルージョン(多様性の受容)を推進しています。

 

 

HeForSheとPwC

HeForSheは国連ウィメンにより提唱された、女性のエンパワーメントに向けた活動です。女性や少女に対する暴力や差別をなくし、男女平等を実現するために、世界で10億人の男性の署名を集めることを目標としています。

UNが提唱するHeForsheは男女平等にフォーカスしています。一方でPwC Japanは活動開始時点では男女という区分の課題にフォーカスしますが、長期的にはYou For Me & Me For Youを目標としていきます。

男女平等の領域において成果を上げることが、PwC Japanにとって、また社会にとって「Inclusive Culture:多様なメンバーがお互いに受け入れあい個々の強みを活かして協業する文化」の構築につながると信じています。

PwC + HeForShe:Japan サイト

PRESIDENT Online
私たち、HeForSheにコミットします!

PRESIDENT Online
活躍に「男性」も「女性」もない世の中にしたい!

 

家族を対象とした取り組み

スタッフの家族を職場に招待し、スタッフがどのようなところで働いているか、ならびにPwC Japanの業務について理解を深めてもらうため、様々な取り組みを行っています。

詳細はこちら

 

障がい者雇用の促進とChallenged Athleteの支援

PwC Japanには、障がい者スポーツ選手(Challenged Athlete)が所属しています。これは、多様性を受け入れる組織風土の醸成も含めた企業責任活動として進めているものです。この一環としてPwC Japan は日本車いすバスケットボール連盟をオフィシャルサポーターとして支援しています。 また、メンバーが所属するチームの試合観戦や車いすスポーツの体験会などを通じて、多様性とともに挑戦し続ける素晴らしさを理解する機会を提供しています。地域におけるボランティア活動としても、小中学校で車いすバスケットボール体験会 を開催しています。

日本車いすバスケットボール連盟
オフィシャルサポーター 詳細はこちら

アジアオセアニアチャンピオンシップ千葉
オフィシャルパートナー 詳細はこちら

2015 IWBFアジアオセアニア
チャンピオンシップ千葉 詳細はこちら

車いすスポーツ体験会
詳細はこちら

小中学校 車いすバスケットボール
体験会 詳細はこちら

 


調査/レポート


ビデオライブラリー

 

関連情報

Contact us

Follow us