Today's issues――今日の課題

不確実で不安定な時代を乗り越え、新たな価値を生み出していくために。

私たちが今、直面している課題とは?

新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の蔓延が、世界経済に深刻な影響を及ぼしています。すでにその兆しが見えていた不確実で不安定な時代に適応しようとしていた企業にとって、ビジネスの舵取りはさらに困難なものとなっています。

あらゆる種類の脅威があらゆる組織を揺さぶり続ける中、競争力を維持し、成長の機会を見いだし、新たな価値を生み出していくためにはどうすればよいのでしょう。

PwCは、先の読めない時代の複雑な課題を整理し、解決の糸口を探り、企業が進むべき道を見つけるお手伝いをします。

新型コロナウイルス感染症の潜在的なビジネスインパクトへの対応

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は、人々の健康や医療に深刻な影響を与えるだけでなく、社会経済や企業活動にも大きな影響を与えています。ポストCOVID-19を見据え、企業は今、何をすべきでしょう。

詳細はこちら

世界を取り巻く5つのメガトレンドと潜在的影響

メガトレンドとは、世界の在り方を形作るほどの力を持った経済のマクロな動きのことをいいます。PwCは、メガトレンドを「急速な都市化の進行」「気候変動と資源不足」「人口構造の変化」「世界の経済力のシフト」「テクノロジーの進歩」の5つに整理し、社会やビジネスに及ぼす影響を分析しています。

詳細はこちら

ADAPT 世界が直面する5つの喫緊な課題とその影響

PwCは、メガトレンドの下で世界が直面している喫緊の課題を「Asymmetry(非対称性)」「Disruption(破壊的な変化)」「Age(人口動態)」「Polarisation(分断)」「Trust(信頼)」の5つとしてとらえ、その影響を洞察しています。

詳細はこちら

高まる地政学リスクによる日本企業への影響

ポピュリズム(大衆迎合主義)による保護主義の台頭、米中貿易摩擦、英国のEU離脱(Brexit)など、世界情勢を見据えながら事業や投資活動を実施していく日本企業にとって地政学の視点は欠かせないものとなっています。

詳細はこちら

New world. New skills. 新たな世界。新たなスキル。

多くの職業が消えゆく一方で、新たな仕事が次々と生まれています。人々が今持っているスキルと、デジタルな世界で仕事をするために必要なスキルには大きなギャップがあり、現代の最も重大な課題の一つとなっています。

詳細はこちら

{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}
Follow us