スマートシティ構築支援サービス

行政が直面する未来

日本では今後、総人口と労働力の減少、高齢化の進行が同時かつ急速に進行していくことが予測されています。

特にこれらが早く進行するであろう地域では、急速な需要の減少に伴う産業の空洞化、人口流出による労働力確保、税収減による行政サービスの維持などさまざまな課題が発生し、結果として地域の生活インフラが保たれず、魅力が低下することでさらなる人口流出を招くことが懸念されます。

今後のまちづくりは、こうした前提をもとにした都市運営のあり方を長期的な視点で検討するとともに、地域の特性や現実に即した目指す姿と、その達成に向けた取り組みをデザインする必要があります。

そこで近年、注目されているのが「スマートシティ」の取り組みです。これは、安心・安全・住み心地のよい住民生活の維持や高度化に向け「環境変化と現状を『社会課題』として捉えた上で、社会全体の『あるべき姿』をデザインし、最新テクノロジーの力を活用しながら課題の解決を図り、安定した都市運営を叶える」ことのできる、有効な施策であると言えます。

スマートシティづくりにおける行政課題

スマートシティにおける課題

スマートシティづくりにおいては、都市全体の課題解決に向けた部門間の有機的な連携や明確なゴール設定が必要であることから、多くの行政が取り組みの推進が困難な状況に陥ったり、着手に向かうための体制が整わなかったりといった状況を経験しています。

これはスマートシティが複合的課題であり、単独の都市・地域やテーマに限定されない社会課題であることに起因します。

スマートシティ化に向けては「課題設定/解決手段」と「推進体制/仕組化」の2点が整理されている必要があり、複合的かつ統合的に適切な枠組みをデザインすることが、行政には求められています。

PwCが考える行政としてのスマートシティ推進

PwCでは、行政が推進するスマートシティプロジェクトにおいて以下の3つの視点が重要だと考えており、社内外のネットワークを活用し、社会課題の抽出と解決施策・体制の設計・推進を支援しています。

(1)Sustainability

特定地域・領域内で目の前に発生している問題点・事象だけに留まらず、関連地域・領域や将来の変化までを連続的に対象として捉え、持続的かつ自律的な取り組みの仕組を構築する

(2)Experience

都市運営における行政業務の効率化・省力化の視点に留まらず、スマートシティ化の結果として、どのような地域の生活や体験を実現するのかを「住民目線」で言語化し、体験価値の創出を目的とする

(3)Co-Creation

単独の組織や関係者での推進に留まらず、住民までを含む地域社会全体の視点から課題を再整理することで共有可能なビジョンを構築し、共創による社会課題解決に向けた体制を構築する


{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}

{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}