Smart Learning(スマートラーニング)導入支援・Digital Upskilling(デジタルアップスキリング)支援

デジタル時代における学びの進化

昨今のビジネス環境の急速な変化に比例して、人々がこれまで習得してきたスキルのコモディティ化も進んでいます。革新的なテクノロジーやビジネスモデルが次々と生み出され、進化し続ける環境では、将来を担う人材が新たなスキルを柔軟かつ俊敏に習得できる機会を提供し、自律的学習を促す組織カルチャーを育み、個の成長を通じて組織力を高めていくことが、変化の激しい時代を生き抜く上での成功の鍵を握ります。

PwCの考えるSmart Learningは、EdTech(エドテック)がもたらす先進的なテクノロジーを駆使し、リアルな教育の見直しも含めた、より高度な組織・人の成長に向けた社会人教育の取り組み全体として捉えています。
進化し続けるテクノロジーや新たな概念を使いこなし、仕事の生産性や付加価値を高めるための適切なスキルの見極めや、日常的・主体的にアップスキリング(スキルの向上)に取り組む組織文化の醸成、これらを踏まえた最適なテクノロジーを活用したラーニングデザインを通じて、将来に向けた組織と人材の変革を支援します。

loading-player

Playback of this video is not currently available

デジタル時代におけるラーニングデザインを考える上での3つの側面

デジタルを活用した教育

デジタル技術の進化とともに、社内研修を提供するプラットフォームや導入形態も多様化しています。モバイル端末を用いた学習では、教師と生徒の間でリアルタイムに双方向のコミュニケーションができ、ラーニングアナリティクスを活用することで、個人の成長課題に応じた最適なコンテンツを推奨することが可能になります。デジタル時代では学習コンテンツのパーソナライズ化が重要となると考えます。

アプローチの例

  • 社内・社外研修コンテンツを1つのプラットフォームへ集約
  • 学習目的に合わせたプレイリスト機能の設定
  • 最新コンテンツの定期的なアップロード対応

教育をデジタル化

テクノロジーの発展は、これまで教育現場だけでは対応が難しかった教育の反復性にも大きく貢献しています。例えばモバイル端末にコンテンツをダウンロードしておけば、移動中などの隙間時間を有効活用できます。動画や録音、ペンタブレットによる直接入力などを通じて、学習内容を実際の音や映像でリアルにイメージすることもできます。このような学習コンテンツのデジタル化によって、従来型の教育に比べて学習効果やスピードが大幅に高まることが見込まれます。

アプローチの例

  • コンテンツのデジタル化に向けた方法論の検討
  • 既存の研修プラットフォームの活用
  • スマートフォンに沿ったナビゲーション対応

デジタルに関する教育

スマートフォンやSNSが普及し、日々膨大かつ雑多な情報が飛び交うデジタル社会においては、正しい情報を自身で取捨選択できる判断基準を持つことが重要です。デジタルデバイスを使いこなすテクニカルな知識・スキルのみならず、真に必要な情報を見抜くためのより高度な能力、すなわち情報に対する「心眼」を持たなければなりません。変化の激しい現代社会を生き抜くためには、こうしたデジタルリテラシーも会社での教育では重要な要素となります。

アプローチの例

  • デジタルリテラシーの実態調査
  • アップスキリングの提言
  • デジタル教育の実施

PwCのアプローチとサービス

Smart Learning(スマートラーニング)導入支援

デジタルトランスフォーメーション(DX)の進展とともに、教育分野においてもITテクノロジーを活用する動きは加速しています。この取り組みは、一般的にEdTechと呼ばれ、日本においては、学校教育を中心としたIT化が政府主導で進められています。また労働力の減少に伴い、雇用の流動化や高度な専門性を有した人材の確保・育成が社会課題となる中、社会人教育においても、既存の研修体系を抜本的に見直し、学習の在り方や人材育成のスキームそのものを時代に応じて進化させることが必要となっています。

PwCは、EdTechがもたらす先進的なITテクノロジーを活用しつつ、より高度な組織・人への成長に向けた社会人教育の取り組み全体をSmart Learningと捉え、デジタル時代にふさわしい新たな学習モデルの構築を支援します。

Smart Learning導入におけるメリット

  • デジタルリテラシー習得による社員の業務効率・生産性向上
    社員に創造性や革新性を持たせ、イノベーションを生み出します。
  • デジタルツール活用によるコミュニケーション活性化
    デジタル環境の変化を推進し、社員にデジタル時代により適した行動への変革を促します。
  • 育成・研修管理業務・受講の効率化
    外部サービスの活用による運用の効率化とより高度な教育内容の拡充、隙間時間を利用することにより、業務効率化を実現します。
  • 生涯学習と自己実現
    社員に会社の枠を超えたキャリアデベロップメントの可能性をもたらします。

Smart Learning導入アプローチ

PwCは、A. ASSESS、B. BLUEPRINT、C. DESIGN、D. IMPLEMENT、E. REVIEW、F. MONITORの6つのアプローチを通じてSmart Learningの導入を支援します。

Digital Upskilling(デジタルアップスキリング)支援

AIやロボティクスといった技術革新が、私たちの仕事や生活を大きく変えようとしています。続々と生み出され、変化し続ける高度なテクノロジーに適応し、職場や日常生活で使いこなすために、必要な知識やツール、能力を身に着けること、つまりデジタルリテラシーを持つことが大切です。デジタルリテラシーには情報を取捨選択できる力も含まれます。デジタル社会においては、あふれんばかりの情報が日々、私たちのもとに飛び込んできます。中には根拠のない情報や偽の情報も多数含まれます。何が正しくて何が正しくないのかを自身で判断できる「情報心眼」を持つことも、今後ますます重要になってくるでしょう。

PwCは、世界中のより多くの人々がデジタル世界への知識と理解を深め、適切なスキルを身に着けることを支援するためのグローバルプログラム「New world. New skills. 新たな世界。新たなスキル。」を展開しています。PwCはこの取り組みを通じて、自社の従業員やクライアント、そして地域社会のアップスキリングを支援します。

特集ページ

寄稿記事

調査/レポート

 

{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}

{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}

主要メンバー

吉田 亜希子

シニアマネージャー, PwCコンサルティング合同会社

Email

伊藤 海

マネージャー, PwCコンサルティング合同会社

Email

鈴木 英理子

マネージャー, PwCコンサルティング合同会社

Email