プライベート・エクイティ(PE)

プライベート・エクイティ業界が抱える課題とPwC Japanグループが提供するサービスを紹介します

日本でも大手企業のカーブアウト案件や事業承継案件においてPEファンドの活用が広く認知されてきたことで、現在、PEファンドの投資金額が拡大しています。日本への投資に関心を有するPEファンドのドライパウダー(投資家から調達したものの投資に回されていない投資待機資金)も潤沢となり、PEファンドの案件獲得競争が激化し、マルチプルも上昇しています。このような環境の中、PEファンドは、案件遂行の段階から投資先の企業価値創造に向けた計画を策定するとともに、投資後もハンズオンで投資先の戦略を構築し、組織と経営体制の強化を支援することで実際に企業価値を高め、リターンを創出することが課題となっています。

PwCは、PE業界に対する豊富な経験を有するプロフェショナルがグローバルベースで連携し、統合的なアプローチによって案件オリジネーション支援からビジネス、財務、税務、人事、ITといった各種デューディリジェンス、税務ストラクチャリング、財務モデリング、投資先の戦略構築支援、業務改善支援、ポストM&A支援(PMI)に加え、投資先の会計監査、IFRS導入支援、IPO支援など、広範で質の高いサービスの提供を通じて、投資先の企業価値向上を支援します。

プライベート・エクイティ(PE)

インサイト/ニュース

主要メンバー

関根 俊

パートナー, PwCアドバイザリー合同会社

Email

顧 威(ウェイ クウ)

パートナー, PwCあらた有限責任監査法人

Email

三井 健次

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

Email

ジャスティン クック

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

Email

塚原 義章

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

Email

松永 智志

PwC税理士法人, パートナー, 東京

Email