化学

化学業界の抱える課題とPwC Japanグループが提供するサービスを紹介します

中国を中心に、アジア市場で需要が拡大している化学業界。特に、石油化学分野では大規模な生産設備の新増設計画が進み、需給バランスは今後大きく崩れると予想されます。また、国内化学メーカーは、加工度・付加価値の高い電子分野などに強みを持ってきましたが、製品ライフサイクルの短期化や新興国の技術向上に伴い、優位性の持続は非常に困難になっています。さらに、世界各国で環境規制が厳格化し、化学企業の進出自体が敬遠されるケースも出ています。

こうしたリスクが顕在化する一方、代替エネルギーなど次世代ビジネスの萌芽もみられます。企業は既存製品の見直しに留まらず、規制に対応しつつ、新たな事業機会を捉えて海外展開していく必要があります。
PwCの化学チームは、国内外の化学企業にプロフェッショナルサービスを提供しています。豊富な実績を持つ全世界1,300名超のエキスパートが、日本企業のグローバル化を支援します。

 

主要メンバー

天野 祐一郎

パートナー, PwCあらた有限責任監査法人

Email

椎野 泰輔

パートナー, PwCあらた有限責任監査法人

Email

本木 昌裕

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

Email

金澤 信隆

パートナー, PwCアドバイザリー合同会社

Email

最新情報

Contact us

Follow us