Skip to content Skip to footer
Search

Loading Results

EVを軸とした事業革新のモデル構築・実行支援

e-Mobility Value Chain Innovation

気候変動リスクの深刻さが取り上げられ、脱炭素社会実現にむけて各国で「2030年CO2半減」の号令がかかりつつある中、自動車産業もEV化に舵を切らざるを得ない状況となっています。そうした中で自動車メーカー(OEM)、自動車部品メーカー、モビリティサービス事業者、インフラ事業者(電力・通信など)に代表される事業者はEV市場拡大に伴う業界構造変化への対応を迫られています。EV事業の成功のためには、既存事業とは異なる構造へと変革すること、そして多様な要求や変化に対してスピード感を持って対応していくことが求められます。

EV事業拡大に伴う構造変化の例を示します。

生じる変化の 例

EV化に向けたグランドデザインの方向性

日本ではEV化の一定の推進が避けられないことから、5つの変革が求められています。EV事業の変革にあたって、改めてEVがもたらすインパクトを検証し、どのようなアプローチを取るべきかを検討すべきタイミングに差し掛かっていると言えるでしょう。

BEV 新価値の提供

EV新価値の提供

  • EVは、社会・事業者・消費者(コミュニティ)の視点でどのような新価値を提供するか?
  • 結果として形成される将来像・将来サービスは?
BEV 保有・利用体験の刷新

EV保有・利用体験の刷新

  • EV化に伴う保有・利用体験(販売~アフターサービス)刷新の必然性は?
  • 先進事例から見る新たな保有・利用体験の兆しは?
  • 日本におけるEV保有・利用体験の方向性は?
BEV 商品・サービスコンセプトの再興

EV商品・サービスコンセプトの再興

  • EVの主たるユーザー(事業者・消費者)・使われ方のパターン・セグメントは?
  • 上記における価値訴求に向けた商品・サービスコンセプトは?
エコシステム型 BEV企画開発の加速

エコシステム型EV企画開発の加速

  • 商品・サービスコンセプト具現化に向けた企画・開発体制の在り方は?(水平分業 vs. 垂直統合)
  • 車両・バッテリーのライフサイクルアセスメントへの対応、サーキュラーエコノミー形成など、真に環境負荷低減を図る仕掛けは?
BEV 新産業論

EV新産業論

  • 新たなEV産業における主要プレイヤーの顔ぶれは?
  • 既存プレイヤーに迫る危機と取り組みの方向性は?

EV事業化のためのソリューション

PwC Japanグループは、業界動向の変化により生じる日本特有の課題やニーズに対する深い理解に基づく独自のアプローチとソリューションにより、EV事業のビジネスモデル構築から事業化までを一貫してサポートします。

EV事業化のための PwCソリューション

EVに伴う新ビジネスの事業化支援

幅広い業種・企業間のリレーション構築(エコシステム構築)や、実証実験から事業化に至る取り組みを一貫して支援します。

EV に伴う新ビジネスの事業化支援

EVに伴う既存バリューチェーンの変革支援

EV化に伴う外部環境変化へ迅速かつ適切に対応するため、環境調査から効果定着までの一連の変革を支援します。

EV に伴う既存バリューチェーンの変革支援

「バリューチェーン✕各事業者視点」で見た支援例

各事業者のさまざまな視点から、バリューチェーンの各ステージに合わせてEV事業の変革を支援します。

「バリューチェーン✕各事業者視点」 で見た支援例

{{filterContent.facetedTitle}}

主要メンバー

藤田 裕二

ディレクター, PwCコンサルティング合同会社

Email

神田 冬希

マネージャー, PwCコンサルティング合同会社

Email

水田 大哉

マネージャー, PwCコンサルティング合同会社

Email

横田 悠貴

マネージャー, PwCコンサルティング合同会社

Email