官公庁・公的機関

官公庁・公的機関業界が抱える課題とPwC Japanグループが提供するサービスをご紹介します

官公庁・公的機関が取り組むべきテーマは、時代の変化とともに、少子高齢化や地球環境の変化、財政問題や最先端技術の誕生といったさまざまな要因によって、その姿を変化させながら常に新たな対応を要求しています。

一方で、国民に信頼される政府・公的機関であるために、透明性・公平性を高めながら、組織の力と成果を最大限発揮するために、より一層の業務効率化・合理化を推進していくことが重要です。

  • 経済再生(Value Creation Strategy)
    • 労働政策支援
    • 社会保障支援
    • ダイバーシティ
    • 科学技術イノベーション
    • 地方創生
  • 財政健全化(Value Maximization Strategy)
    • 中長期ビジョン・戦略策定支援
    • 事務の標準化・効率化、コスト削減
    • ITに関する企画・調達・導入・運用支援
    • 官民データ活用推進計画の実行支援
    • 市場動向等に関する調査・研究
  • 高等教育機関・大学改革支援
    • ビジョン・戦略の策定
    • 教育・研究の高度化
    • 強固な経営基盤の実現

最新情報

主要メンバー

宮城 隆之

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

Email

飯室 進康

パートナー, PwCあらた有限責任監査法人

Email

上籔 英二

パートナー, PwCアドバイザリー合同会社

Email

川崎 陽子

PwC税理士法人, パートナー, 東京

Email

Contact us

Follow us