Skip to content Skip to footer
Search

Loading Results

働き方改革(Workstyle Transformation)支援

働き方改革(Workstyle Transformation)とは、企業が目指すビジョン・戦略に基づき、組織体制、業務、人材、カルチャー、テクノロジー、制度などのさまざまな側面から、労働資源のあり方(Human Workforce/Digital Workforce)を最適化し、生産性を最大化させるための戦略立案および実行のアプローチです。

昨今のデジタルテクノロジーの発展により、定型的な業務は次々とRPA(Robotic Process Automation)などに代替されていきます。これからのHuman Workforceは、より付加価値の高いアイディアを生み出し、複雑な課題をコントロールする高度なスキルが求められるようになります。このようなデジタル時代を生き残るためには、Digital/Humanそれぞれのケイパビリティや特徴を理解し、両者を最適なバランスで最大限に活用するための仕組みや環境を整えることが鍵となります。

PwCのアプローチとサービス

ワークスタイル変革

ワークスタイル変革は、従来の働き方改革にみられる労働時間削減などの局所的な改善だけでは本質的な効果は得られません。多様な人材が活躍し成長し続けるために、組織全体として取り組むべき課題を明確にし、解決策を着実に浸透・定着させる包括的・戦略的な変革のアプローチが必要です。

まず企画段階では、ビジョン・戦略、組織体制、人材、カルチャー、テクノロジーなどのさまざまな観点から現状を可視化し、目指す姿と現状とのギャップを明確にした上で、具体的な実行計画に落とし込んでいきます。

導入段階では、社員の意識や行動変化を促すコミュニケーションも並行して推進していきます。さらにはモニタリングを通じ、効果検証と改善のサイクルにつなげていくことで、変革の実効性をより高めることができます。

View more

ワークプレイス変革

ワークプレイス変革は、単にオフィスを先進的にリノベーションするというハード部分の変革だけはありません。社員のエンゲージメントを高め、創造性・生産性を最大限に発揮させるには、環境面に加えてどのような制度やツールを構築すべきか、どのような意識・行動の変化が必要か、といった要素を複合的に検討しデザインすることが求められ、ピープルトランスフォーメーションにおける戦略性の高いテーマの一つといえます。

ワークプレイス変革の推進にあたっては、変革の方向性が会社のビジョン・戦略と一致しているか、コストベネフィットは合理的か、多様性が考慮されているか、円滑な移行に向けたチェンジマネジメント・プログラムが堅牢に計画されているか、などが重要なポイントとなります。

PwCは、ワークスタイルとワークプレイスの両面から、クライアントの働き方改革における戦略立案から実行までを支援します。

View more


{{filterContent.facetedTitle}}

主要メンバー

吉田 亜希子

シニアマネージャー, PwCコンサルティング合同会社

Email

強口 真裕佳

シニアマネージャー, PwCコンサルティング合同会社

Email