Skip to content Skip to footer
Search

Loading Results

トランスフォーメーションデザイン

ピープルトランスフォーメーションにおけるトランスフォーメーションデザインは、ビジネスモデルの転換や新たなイノベーションの創出など、企業が直面するさまざまなチャレンジに対して、人の心・態度の変容も含めた幅広い側面から変革を加速させるための包括的・統合的なアプローチです。

ピープルトランスフォーメーションを成功させるには、変革の初期段階から、全てのビジネス領域において影響力の大きい主要なステークホルダーを巻き込み、変革のビジョンやゴールを調整しながら進めていくことが鍵となります。プロジェクトの重要な節目(マイルストーン)において、単にプロジェクトの進捗だけでなく、ヒト・モノ・カネのリソースやリスク、品質、ファイナンスも含めた包括的な観点で最適な意思決定を行うことで、変革の実現性をより高めることができます。

PwCのアプローチとサービス

Assess & Understand(現状把握)

トランスフォーメーションデザインのプロセスは、まずAssess & Understand(現状把握)、すなわち現状を把握することから始まります。Assess & Understand(現状把握)においては、「Strategy(戦略)」「Structure(組織体制、業務プロセス)」「Workforce(ヒト/デジタル)」「Technology(IT、インフラ)」などの多角的な側面からバランスよく分析する必要があります。一部の側面だけにフォーカスしたAssess & Understand(現状把握)では、その後のDesign(設計)、Construct(開発)に続くプロセスが一元管理できなくなり、結果的に部分最適な施策になってしまいます。Assess & Understand(現状把握)の段階から包括的な観点で分析することより、後のプロセスにおいて一元化された施策検討や導入が可能となります。

View more

Design(設計)

Design(設計)においては、まずビジネスプロセスのあるべき姿、目指すゴールを明確にします。その上で、Assess & Understand(現状把握)によって得られた現状分析の結果とあるべき姿の間にどのようなギャップがあるかを特定します。そしてこれらのギャップを解消し、ゴールを達成するために必要なアクションアイテムを導き出します。最後に、これらのアクションアイテムを着実に実行するためのロードマップを描きます。

Design(設計)の検討においては、ワークショップなどを活用して初期の段階からステークホルダーを巻き込むことが重要です。発散・収束を繰り返しながら企画をまとめ上げる過程を通じて、ステークホルダーの意識・行動の変化を促すことで、企画の実現性をより高めることが期待できます。

View more

Construct(開発)

Construct(開発)では、Design(設計)フェーズで描いたロードマップを基に、プロジェクトの実行計画を具体化します。実行計画の具体化にあたっては、ヒト・モノ・カネ・情報の観点で、必要なリソースをどのように調達しマネージするのかを考えることが重要です。例えば、どのようなケイパビリティを持った人が何人必要なのか、どのようなツールやファシリティをどう調達するのか、実現するためにどのくらいのコストがかかるのか、プロジェクトに関わる情報を誰にどのように伝えるのか、などです。

これらの要素をできるだけ漏れなく詳細に洗い出した上で、ゴールに向けた重要なアクションとステップ(段階)を決めていきます。

View more

Implement(実行)

Implement(実行)では、必要なリソースと実際のリソースの調整(アラインメント)を行った上で、実行計画に従って各関係者が正確にタスクを実行していきます。Implement(実行)を着実に成功させるには、実行の前段階で、現実的で堅牢な準備・調整を行っておくこと、さらには適切な能力を持ったFTE with Capability(工数)を、適切なタイミングで確保・配置することが成功の鍵となります。そのためには、進捗のモニタリング機能として、各ゲートレビューにおける評価基準を明確にし、次のステップに進んでよいかどうかを適切に判断することで、確実にゴールの達成に近づくことができます。

View more

Operate & Review(運用・検証)

Operate & Review(運用・検証)では、プロジェクトの安定的な実行と定着化に向けて、プロジェクトの進捗状況の可視化およびコントロールを行います。ゲートレビューなどの定期的なチェックポイントを設定し、品質、リスク、ファイナンスなどのさまざまな観点からプロジェクトの状態を評価します。またその結果、プロジェクトの検討内容やスケジュールの変更が必要になった場合は、適切なチェンジコントロールにより、変更作業に伴うリスクを最小限に抑え、かつプロジェクトの実現性を担保するための必要なアクションを検討します。

このようなOperate & Review(運用・検証)のプロセスを効率的に行うためには、モニタリングツールを活用し、全員が現在の状態をリアルタイムに把握できる状態にしておくことも有効です。

View more

PwCでは、これら5つのプロセスを着実につなげることにより、ピープルトランスフォーメーションを実現するための最適なトランスフォーメーションデザインを支援します。


{{filterContent.facetedTitle}}

主要メンバー

吉田 亜希子

シニアマネージャー, PwCコンサルティング合同会社

Email

強口 真裕佳

シニアマネージャー, PwCコンサルティング合同会社

Email