金融サービス

金融業界が抱える課題とPwC Japanグループが提供するサービスをご紹介します

金融業界と各サブセクター(資産運用、銀行・証券、保険、不動産)に関する深い知見と豊富な支援経験を持つコンサルティング、ディール、監査、税務のプロフェッショナルたちがスクラムを組み、新たな機会に挑戦するクライアントを支援します。

Hot issues

戦略・M&A

新たなテクノロジーを駆使した異業種プレーヤーの台頭や、サイバーやパンデミックといった地球規模の混乱およびリスクは、既存の金融事業の前提を大きく変えると同時に、経営サイドに対して自らの事業における戦略的優位性をどのように見い出すのか、という問いを投げかけています。

デジタル

不確実な現代においては、デジタルトランスフォーメーション(DX)をはじめとする変革の成否がビジネスのキーになり得ます。

リスク・コンプライアンス

金融業界を取り巻く事業環境の変化、社会および顧客が抱く期待の変容、新たな規制の導入、テクノロジーの進化に伴い、金融機関が対処すべきリスク・コンプライアンスの範囲は拡大を続けています。

フィナンシャルクライム(金融犯罪)

金融犯罪の手口は年々高度化し、同時に複雑化が進んでいます。これに伴い、国際的な規制強化や制裁対象拡大の流れも加速しています。

サイバーセキュリティ&プライバシー

テクノロジーの進展に伴ってビジネス環境やライフスタイルは大きく変化し、データの安全性や信頼性をめぐり、新たなリスクが生じています。DX推進とビジネスの持続的成長には、デジタル時代において必要とされる信頼「デジタルトラスト」の構築が求められます。

組織人事・チェンジマネジメント

技術革新により人が担うべき仕事が再定義され、デジタル時代に適応するための新たなスキルの習得が重要な経営課題となっています。新たな価値観や就労観が醸成されるとともに雇用形態の多様化が進む中で、「デジタルワークフォースとヒューマンワークフォース」「本業を維持するピラミッド型組織と未来を創るイノベーション型組織」「左脳系の分析力と右脳系の創造力」といった二律背反する関係にある事象を両立できる、未来志向の組織人材変革が求められています。

サステナビリティ・ESG

SDGsやESG、サステナビリティに関する取り組みが進展する中で、環境や社会に係る課題を解決しながら、自社の財務および非財務の両面の持続的な成長を実現する本質的なサステナビリティ経営が注目されています。

事例/対談

{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}

{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}

主要メンバー

出澤 尚

PwC Japanグループ マネージングパートナー(オペレーション), PwCあらた有限責任監査法人 執行役常務, PwC Japan

Email

山根 祥

パートナー, 金融サービスコンサルティング リードパートナー, PwCコンサルティング合同会社

Email

中村 賢次

パートナー, PwC税理士法人

Email

加藤 雅也

パートナー, PwCアドバイザリー合同会社

Email

足立 晋

PwC Japanグループ グローバルJBNリーダー、金融インダストリーリーダー、PwCコンサルティング合同会社 副会長、PwC Global Boardメンバー、公益財団法人PwC財団 評議員, PwC Japan

Email