ブロックチェーン

国内外でブロックチェーンの社会実装に向けた取り組みが進む中で、実践的に対応し、お客さまのビジネス機会の創出、施策検討から開発、運用までを総合的に支援します。

ブロックチェーンに注目集まる

2030年にブロックチェーンは年間3兆ドルのビジネス価値を生み出す可能性があるといわれ、グローバルの経済インフラのうち20~30%がブロックチェーンベースで実行可能と見られています。また、PwCネットワークのグローバルブロックチェーンサーベイでは、84%の企業が将来ブロックチェーン技術を用いた何らかビジネスに投資すると予測されています。金額面から実需要の面からも、ブロックチェーンの社会や経済へのインパクトの大きさは既に証明されているのです。

ブロックチェーンのメリットと産業別ソリューション

分散型台帳といわれるブロックチェーンは、合意がなくとも記録が保持され、取引の時間も管理されます。各取引のグルーピングも容易であるため、決済にかかるコストを抑え、処理期間を短縮します。改ざんが実質的に不可能であるため、不正の入り込む余地をなくし、透明性と信頼性の高い仕組みを作れます。ブロックチェーンの特性を生かし、特にエネルギー業界、金融業界、流通業界などの課題に応えるソリューションをPwC Japanは提供しています。

関西電力イノベーションラボが語る ~DX/ブロックチェーン活用による業界変革の可能性~

デジタルトランスフォーメーション(DX)を中期経営計画の施策に掲げる関西電力の経営企画室イノベーションラボ次世代エネルギービジネス推進グループ部長の上田 嘉紀氏をゲストに、電力業界の変革とブロックチェーンのもたらす可能性をテーマにお話を伺いました。

前編はこちら

後編はこちら

PwC特許のブロックチェーン技術を活用したサプライチェーンファイナンス、企業間ネッティング決済プラットフォームを紹介

PwCあらた有限責任監査法人が特許を持つブロックチェーン技術を活用したサプライチェーンファイナンス、企業間ネッティング決済基盤をPwC Japan合同会社の田中 宗英とPwCコンサルティング合同会社の丸山 智浩が紹介しました。

詳細はこちら

さまざまな業界の課題をブロックチェーンが解決する

課題概要

流通業界は生産者から消費者へ届けるまでの間、複数の工程に分かれています。

既存システムでは、それぞれの工程ごとにデータがバラバラに管理されており、品物がいつ、どこで生産されたかを調べるためには多大な労力を必要とし、さらに複数の工程を経由する中でデータの消失や改ざんが発生する可能性もある。

適用が期待されるブロックチェーン技術

  • データの改ざんが困難(高い透明性を持つ分散台帳)
  • 二重書き込みの防止(真正性の保証)

 

課題概要

2009年から始まった固定価格買取制度で電力会社が一般消費者や企業(消費兼供給者:プロシューマー)から発電した電力を10年間一定額で買い取る制度がある。

この制度の満期後、電力会社の買い取りが取りやめとなった場合、プロシューマーが発電した電力が消費しきれず、円滑に電力が活用されない。

適用が期待されるブロックチェーン技術

  • データの改ざんが困難(高い透明性を持つ分散台帳)
  • 安定したシステムの構築・運用(ゼロダウンタイム)
  • 二重書き込みの防止(真正性の保証)

 

課題概要

各企業において、既存業界から別業界への新規参入が盛んで、企業の事業は多様化が進んでいるとともに、不正の発見も困難になっている。

また、こうした状況下で限られた期間内での監査業務や、多様化する事業に合わせた財務諸表の作成など会計監査業務は年々複雑化している。

適用が期待されるブロックチェーン技術

  • データの改ざんが困難(高い透明性を持つ分散台帳)
  • 二重書き込みの防止(真正性の保証)

 

ブロックチェーンが急速に求められている背景

社会実装を阻害する要因と対策

個ではなく利害関係が一致する組織で阻害要因に対処することが重要と考える

View more

適応領域

View more

市場の状況

ブロックチェーンの国内市場予測と活用が期待される業界

2018年度は実績で80億円規模、2022年度には1,235億円に達すると予測

金融業界が先行して開発を進めていたが、近年製造業、公共事業でも開発が拡大

 

View more

ブロックチェーンプロジェクトの進め方とポイント

プロジェクト成功のカギ

4つの成功要因は他社、他業界との共創を前提に検討する必要がある

成功要因における重要ポイント

12のポイントに注視し、検討・開発を進めることが成功するためには重要と考える

本当にブロックチェーンでいいのか

6つのチェックリストのうち4つ以上該当する場合、ブロックチェーン適性がある

4つ以上の場合はこちら

「ブロックチェーン導入検討」へ

3つ以下の場合はこちら

「アプローチ検討」へ

{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.loadingText}}

{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.loadingText}}

主要メンバー

一山 正行

マネージングディレクター, PwCコンサルティング合同会社

Email

丸山 智浩

シニアマネージャー, PwCコンサルティング合同会社

Email

{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}

{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}