Skip to content Skip to footer
Search

Loading Results

The New Equationとは?

多岐にわたる分野の多様な人材がスクラムを組み、持続的な成長と信頼構築を支援します。

PwCは「社会における信頼を構築し、重要な課題を解決する」というPurpose(存在意義)を掲げており、世界で最も信頼され、存在感のあるプロフェッショナルサービスネットワークになることを目指しています。最も優秀な人材と最も革新的なテクノロジーを融合することで、クライアントやステークホルダーがゆるぎない成果を実現し、信頼を構築できるよう支援していきます。

これがPwCの新たな経営ビジョン、「The New Equation」です。テクノロジーによる破壊的な変革、気候変動、地政学的分断、緊迫する社会状況といった今日の世界を形作る重要な課題を背景に、企業や組織が対応を迫られている2つの重要なニーズに応えることを目指しています。

1つは、企業・組織が顧客やステークホルダー、社会、また自らのために、「Sustained Outcomes」、すなわち現在そして将来にわたって価値を生み出し続けるためのゆるぎない成果を実現すること。これは、世界の劇的な変化に的確に対応していくための待ったなしの取り組みです。

そしてもう1つは、ますます壊れやすく得がたいものになってきている「Trust」、すなわち信頼を構築することです。

Playback of this video is not currently available

1:30

価値を生み出す「Sustained Outcomes」を実現する

PwCのアプローチは、すなわち私たちそのものです。多岐にわたる分野の多様な人材が斬新な方法で力を合わせて課題解決に挑み、企業・組織が顧客やステークホルダー、社会そして自らのために、バリューチェーン全体に対してポジティブな影響をもたらし続ける、ゆるぎない成果の実現を支援します。

その方法はシンプルです。PwCは、大胆なアイデアと「人」がリードし「テクノロジー」が支えるソリューション、そして現実的で意義のあるエクスペリエンスを提供します。

ゆるぎない成果でクライアントと社会のために価値を生み出す
ESG革命への備えは万全か

社会からの要請とビジネスチャンスの両面から、企業の戦略立案、パフォーマンス向上、成果のレポーティングに対する変革が求められています。

コロナ禍で培われたアジリティを維持する

企業は、新型コロナウイルス感染症のパンデミックを通して培われた迅速な意思決定の建設的な一面を今後も継続すべきです。

新型コロナウイルス感染症がもたらすビジネスインパクトへの対応

PwCは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に伴う危機対応体制の整備と安定化、ニューノーマルにおけるあるべき戦略の立案を支援しています。

真の「Trust」を構築する

信頼の重要性は増すばかりです。企業や組織は、信頼によって従業員、顧客、ステークホルダー、社会と結びついています。信頼はお金を払って買えるものではありません。あらゆるコミュニケーション、体験、関係構築、成果の実現を通じて築き上げていくべきものです。

PwCは、誠実さと確固たる客観性、そしてデータやツール、テクノロジー、プロダクト、サービスへの大規模な投資を通じて、最高の品質を提供します。さらなるアジリティと一貫性、洞察力の発揮を通じ、クライアントの不変的な期待に応える卓越性を実現します。

信頼と透明性を基盤とした世界を築く
「透明性」を使いこなす

アフターコロナの時代においては、これまでよりはるかに優れたESG報告と適切な情報開示が求められます。CEOおよび経営陣は、5つの短期的な優先事項に照準を合わせる必要があります。

役員報酬とESG目標の連動

企業は現在、「Doing well by doing good(良き行動で良き成果を)」という考え方を取り入れるよう求める、社会の声の高まりに応えようとしています。

コーポレートガバナンス・コード改訂2021 -改訂解説・各論点を考える-(全5回)

2021年に改訂されるコーポレートガバナンス・コードの変更点を解説し、フォローアップ会議で取り上げられた主な論点を考察する表題オンラインセミナーを全5回シリーズで開催します。

「人」と「テクノロジー」の力を融合して課題を解決する

「The New Equation」を通じ、「人」がリードし「テクノロジー」が支える未来を目指します。私たちにとって、「人」と「テクノロジー」は切り離せないものです。「人」ならではの発想力や経験と「テクノロジー」によるイノベーションを融合することで、より速く、よりスマートに、より良い成果を実現し、バリューチェーン全体にわたって信頼を構築します。

「人」と「テクノロジー」の融合で確かな未来を生み出す
Technology Laboratory

不確実な時代においては、実現したい未来を見通して重点的に解決すべき社会課題を設定し、それらに対応するテクノロジーを明らかにした上で技術開発のシナリオを描く必要があります。Technology Laboratoryは、産官学それぞれの立場から異なる領域の専門的知見を統合し、技術開発の在り方を検討します。

一見すると地味なAI活用にこそ、大きな価値がある

文書からのデータ抽出は、自動化の活用事例としては地味ですが、ミスを減らし、コストを削減する大きな可能性を秘めています。



PwC JapanグループのDXジャーニー

PwC Japanグループは、自らのデジタルアップスキリングにも力を入れています。スタッフ全員がデジタルマインドセットを有し、自らのデジタルスキルの向上を常に可能とする組織作りを目指し、さまざまな取り組みを推進しています。

PwC Japanグループ代表メッセージ

私たちは、これからの時代に求められるプロフェッショナルサービスファームとして、多岐にわたる分野の多様なプロフェッショナルがスクラムを組み、「人」ならではの発想力や経験と、「テクノロジー」によるイノベーションを融通無碍に組み合わせながら、クライアントの持続的な成長とそのための基盤となる信頼の構築に貢献してまいります。

Playback of this video is not currently available

0:08:05