採用情報

私たちのPurpose(存在意義)とValues(価値観)に共感いただける、活力溢れる方々のご応募をお待ちしています。

PwC Japanグループは、「社会における信頼を構築し、重要な課題を解決する」というPwCの世界共通のPurpose(存在意義)のもと、約6,300人のメンバーが協働しながらさまざまなプロフェッショナルサービスを提供しています。

監査およびアシュアランス、コンサルティング、ディールアドバイザリー、税務そして法務など、皆さんの多様なスキルと経験、そして可能性を試していただけるフィールドはさまざまです。世界158カ国に及ぶPwCグローバルネットワークを通じ、海外に飛躍していただく機会も豊富です。

ぜひ、PwCで働いてみませんか。私たちのPurpose(存在意義)とValues(価値観)に共感いただける、活力溢れる方々のご応募をお待ちしています。

PwC Japanグループについて

PwCは、「社会における信頼を構築し、重要な課題を解決する」ことをPurpose(存在意義)として掲げ、世界158カ国に250,930人のスタッフを擁するプロフェッショナルサービスファームのグローバルネットワークです。

私たちの掲げるPurpose(存在意義)やValues(価値観)、またそれらを実践する具体的な取り組みについてご覧ください。

詳細はこちら

私たちは、多彩な人材が互いに融合しあいながら活躍できる場づくりを進めています。一人一人が自分らしく、持てる力を最大限に発揮し、協働することによって、多様な視点からイノベーションを起こし、クライアントや社会の重要な課題の解決に貢献することを目指しています。

詳細はこちら

私たちは、オフィス環境とテクノロジーの整備、そしてさまざまな制度を通じて、多様なライフスタイルを可能にする働き方改革を推進しています。組織と個人が最も効果的に価値を創造できるよう、さまざまなことに取り組んでいます。

詳細はこちら

PwC Japanグループでは、経営に女性の視点を取り入れることが組織の成長に不可欠であると考え、女性リーダーの輩出に力を入れています。育成、採用、定着の観点から分析した現状をもとにKPIを設定、モニタリングし、女性リーダーを生み出すプロセス強化のための施策を進めています。

詳細はこちら

オフィス紹介

作業の場からコラボレーションの場へ。在宅勤務やフリーアドレス制など多様な働き方を推進。

PwC Japanグループは、大手町に「働き方改革」を実現するオフィスを開設し、2017年5月より新オフィスでの業務を開始しました。在宅勤務やフリーアドレス制などの多様なワークスタイルへの対応、Google など最新テクノロジーの活用、スタッフ間のコラボレーション促進の3点を考慮して設計された、大手町オフィスの紹介ムービーをご覧ください。

loading-player

Playback of this video is not currently available

The opportunity of a lifetime. 人生にチャンスを

PwC Japanグループでは、採用活動の一環として、「The opportunity of a lifetime. 人生にチャンスを」をテーマにしたメッセージ動画を配信しています。出演者は全員PwCの職員です。

@PwC_Japan on Twitter

Follow us