PwC Japanグループ

Build trust in society and solve important problems

社会における信頼を構築し、重要な課題を解決する

PwC Japanの今、そして未来

2019年、PwCは日本における事業開始70周年を迎えました。総職員数は8,100名を超え、会計士や税理士はもとより、さまざまな分野のプロフェッショナルを擁する総合的なプロフェッショナルサービスファームグループを形成するに至っています。昔も今も、そしてこれからも――。私たちは「信頼」を追求し、進化し続けます。

詳しくはこちら

loading-player

Playback of this video is not currently available

CEO’s Interview

対談 木村 浩一郎×ロバート・E・モリッツ

世界的にビジネス環境が劇的な変化を続ける今、Purpose(存在意義)に基づいた持続可能なビジネスモデルの再構築が、企業にとって重要な課題となっています。企業のさらなる成長やスピーディな変革を実現し、PwCが社会に必要とされる存在であり続けるために成すべきことは何か― PwC Japanグループ代表の木村浩一郎が、PwC グローバルチェアマン(会長)のロバート・E・モリッツと語り合いました。

 

CEO’s Interviewはこちら

木村 浩一郎×ロバート・E・モリッツ

Our Purpose

Build trust in society and solve important problems
社会における信頼を構築し、重要な課題を解決する

私たちPwCは、「社会に信頼を構築し、重要な課題を解決する」ことを自らのPurpose(存在意義)として定めています。これは、世界情勢やビジネス環境が大きく変化し続ける中、複雑な課題に対してPwCが重要な決定を下すにあたってよりどころとしているものであり、また世界各国のPwCと連携をするうえでも重要な役割を果たしています。

loading-player

Playback of this video is not currently available

Values & behaviours

Purposeを追求するための基本的価値観

PwCではPurposeを追求するためのValues & behaviours(価値観と行動)を全世界で共有しています。158カ国のネットワークのメンバー一人ひとりが日々の業務の中でこれらを意識し、実践することが求められています。PwCのValues & behavioursを体現する5つの取り組みをご覧ください。

 

PwCの行動規範はこちら

loading-player

Playback of this video is not currently available

PwC Japanグループについて

PwC Japanグループは、日本におけるPwCグローバルネットワークのメンバーファームおよびそれらの関連会社の総称です。各法人は独立して事業を行い、相互に連携をとりながら、監査およびアシュアランス、コンサルティング、ディールアドバイザリー、税務、法務のサービスをクライアントに提供しています。

※ 2018年6月時点

Corporate Responsibility

PwC Global:“PwCネットワーク”とは

※ 2018年6月時点

PwCネットワークは世界中の国々で運営されている独立したファームの集合体です。PwCネットワーク内のファームは“PricewaterhouseCoopers International Limited(PwCIL)” のメンバーであり、 “PricewaterhouseCoopers” の名称を使用する権利を有しています。PwC Japanグループの各法人は日本におけるPwCILのメンバーファーム、もしくはそれらの関連会社となっています。

Global Annual Review 2018[English]

営業総収益 Arrow 7%

413億米ドル
2017 - 377億米ドル

拠点

721カ所

所在国

158カ国

人員 Arrow 6%

250,930
2017 - 236,235人

PwCの労働力に対する女性比率

20
パートナー
2017 - 19%
49
採用者
2017 - 48%

クライアント

429
Fortune Global 500社(86%)
+100,000社 アントレプレナー/プライベートクライアント

監査業務の検証(2018年における重要な指摘事項なしの割合)

92.2
2017 - 91.2%

再生可能エネルギー比率 (エネルギー総使用量に対する割合) Arrow 9%

60
2017 - 55%

Global Human Rights Statement

PwCは、世界中のクライアントやコミュニティにサービスを提供する中で、「社会における信頼を構築し、重要な課題を解決する」という目的の達成に努めています。私たちは日々これを実現するために一致団結し、倫理的責任に対する配慮が十分になされるよう、社内外の人々と互いに切磋琢磨しています。私たちの人権に対する取り組みは、既に私たちの人事、購買調達、コンプライアンス、CSR等の実務に組み込まれ、実践されています。

PwC's Global Human Rights Statement [PDF]


{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}

{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}