ディールアドバイザリー

多様な経験とスキルを持つディールアドバイザリーチームが、日本そして世界各地で、クライアントを支援します。

クライアントの価値創造に貢献します

私たちは、世界157カ国にネットワークを持つPwCの日本におけるメンバーファームとして、 クライアントの企業価値向上を実現するために、ディール業務、すなわちM&A・事業再生/再編・インフラの三つの領域でサービスを提供しています。

ディールアドバイザリーの領域において豊富な経験とスキルを持つ専門家がグローバルネットワークと連携し、 税務、法務、コンサルティング、監査・アシュアランスの専門家とも協働しながら、 ワ ールドクラスのプロフェッショナルサービスを提供しています。

PwCアドバイザリー合同会社
Value Creation in Deals

Value Creation in Deals
ディールの先の価値創造を見据えて

これまでのM&Aは、リスクを見極めるデューデリジェンス型が主流でしたが、それだけは十分ではありません。

これからのM&Aは、事業再構築、オペレーション改革、財務・税務最適化など、ディール後も見据えたバリュー・クリエーション型であるべき、とPwCは考えています。

詳細はこちら

スタートアップ・ディール・アドバイザリー

企業が成長するために求められているスタートアップ投資とは

デジタル技術による既存事業へのディスラプション、革新的なビジネスモデルの登場によるゲームチェンジ、技術革新による新しいマーケットの創出など、企業を取り巻く事業環境変化のスピードは、ますます速くなっています。そのような中、多くの大企業が自前主義での変革に限界を感じており、オープンイノベーションの重要性が叫ばれています。

PwCでは、大企業とスタートアップの双方にとってWin-Winとなるようなディールを創出することで、企業のイノベーション/ビジネスモデルの変革を促進するとともに、起業家やスタートアップの成長を後押しし、経済が活性化する一端を担っていきます。

詳細はこちら


{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}