プライベート・エクイティ(PE)

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大によるグローバルレベルでの経済縮小、また地政学リスクの高まりにより、将来の不確実性も高まっています。このような経営環境では、企業は利益創出を可能にする事業ポートフォリオに合わせた事業の選択と集中を推し進めることが求められています。 

日本でも大手企業のカーブアウト案件や事業承継案件においてプライベート・エクイティ(PE)ファンドの活用が広く認知されてきています。PEのファンドレイズの順調な状況も続いています。ウィズコロナ、アフターコロナにおいては企業のノンコアビジネスの売却、オーナー企業の今後の成長のための事業承継の局面におけるPEファンドの活用がさらに増えることが見込まれます。

 PwCアドバイザリーは、PE業界に対する豊富な経験を有するプロフェショナルがグローバルベースで連携し、統合的なアプローチによって案件オリジネーション支援から財務、ビジネス、人事、ITといった各種デューデリジェンス、財務モデリングに加え、PE投資後におけるデータアナリティクスによる投資先の見える化、投資先の戦略構築支援、業務改善支援、ポストM&A支援(PMI)など、広範で質の高いサービスの提供を通じて、投資先の企業価値向上を支援します。

{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}

{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}

主要メンバー

関根 俊

パートナー, PwCアドバイザリー合同会社

Email

岡本 徹也

パートナー, PwCアドバイザリー合同会社

Email

名倉 英雄

パートナー, PwCアドバイザリー合同会社

Email