Skip to content Skip to footer
Search

Loading Results

日本企業の海外事業支援

PwCのJapanese Business Network(JBN)は、グローバルネットワークを通じてクライアントニーズに応える幅広いサービスを提供しています。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大や地政学リスクの高まりなど、世界の社会・経済を取り巻く環境が目まぐるしく変化する中で、国内はもとより海外ビジネスをめぐる不確実性がますます高まっています。このような状況下、日本企業は海外進出や海外事業展開にあたって、従来の課題に加え、進出計画自体の見直しや駐在員の再配置、グローバルサプライチェーンの再構築といった、これまで以上に複雑かつ困難な課題に直面しています。

PwCは、これら日本企業の課題解決を支援するため、JBN(Japanese Business Network)を組織しています。JBNは日本に統括本部を構え、世界42ヶ国・地域に日本人を含むさまざまな分野の専門家を配し、現地のビジネスや文化に即したきめ細かなサービスを日本語で提供しています。また世界156カ国に295,000人以上のスタッフを擁するPwCのグローバルネットワークを通じて各国の情報と動向を本部に集約、世界経済の情勢を的確に把握し、経営戦略に資する情報をクライアントにタイムリーに提供しています。

海外事業支援へのPwCのアプローチとソリューション

先を見通すことがグローバル規模で困難な状況の中、日本企業の海外事業はさまざまな課題に直面しています。会計・監査、税務やイミグレーション面での対応はもとより、市場参入、現地法人の設立、戦略意思決定から現地でのサイバーリスク、システムやガバナンス体制の構築、そして業務の最適化や効率化のためのアウトソーシングまで対処すべき課題は多岐にわたっています。さらには非連続成長を実現するためのクロスボーダーM&Aや現地子会社の不正調査といったさまざまな分野において、法規制や文化・ビジネス慣習など、日本とは異なる環境に対応していく必要があります。

PwCは、これら会計、税務、コンサルティングやディールアドバイザリー、そしてフォレンジックといったさまざまな領域における専門家がクライアントのニーズや課題に応じて最適なチームを編成し、日本企業の海外事業展開を総合的に支援しています。

詳細はこちら

その他サービス

中国ビジネス進出支援

海外事業進出先として今なおニーズが高い中国におけるビジネス展開に際し、会計や税務面のみならず、M&A、市場拡大戦略、最適な機能再配置などのあらゆる視点で、専門チームが日本と中国の双方からビジネスを支援します。

中国ビジネスグループ(PwC税理士法人)

Japanese Business Desk(中国)

中国ビジネス 進出支援

海外事業再生チーム

海外市場は魅力的であると同時に、事業展開にあたっては多様な難しさを抱えています。生産現場における品質や労務管理などに起因した混乱、買収により傘下入りした海外子会社の業績不振などの話題は後を絶ちません。また、海外子会社の不正など、ガバナンス面における課題も数多く表面化しています。

PwCの海外事業再生チーム(Global Business Recovery Team)は、数多くのグローバル企業の事業再生・業績改善を支援してきた実績・知見に加え、PwC Japanグループの各法人との緊密な連携によって強められた戦略思考、財務・数値面の専門性、PwCの海外ネットワークを駆使した現地での対応力を生かして、海外事業の再生を支援します。

海外事業 再生チーム

海外財務ガバナンスサポート

グローバル展開する日本企業の財務ガバナンスに係る総合窓口として、海外子会社管理、グローバル連結経営管理、グローバルベースでの監査などを支援します。PwCグローバルネットワークを活用して各国チームと連携しながら、日本企業の現地法人における実務上の課題にもきめ細かく対応します。

詳細はこちら

海外財務 ガバナンスサポート

日本企業を支援する世界各国の窓口

各国のJBN(Japanese Business Network)を紹介します。
以下よりリージョンをご選択いただくと、各国の情報を見ることができます。

EMEAリージョンリーダー

宗雪 賢二
パートナー 監査

ニック・ウッドフォード
パートナー 国際税務

英国

英国最大のプロフェッショナル サービス ファームであるPwC英国は、ロンドンを拠点としています。150年の歴史に裏付けられた実績で業界の最前線に立つPwC英国は、世界各国のメンバーファームによるネットワークを通じ、真にグローバルなサービスを提供いたします。

詳細はこちら

カントリーリーダー

ニック・ウッドフォード
パートナー 国際税務

小堺 亜木奈
パートナー ディールズ

ベルギー・中東欧統括

PwCベルギーは、欧州の首都ブリュッセルを擁するベルギー王国において、ブリュッセル事務所を始めとする4カ所で、総勢約1,400名のプロフェッショナルが日々のクライアントサービスに携わっています。ベルギーに欧州統括本社を置く多くの日系企業の皆様に、ベルギー国内にとどまらず欧州全域に関連するサービスを提供するため、中東欧諸国におけるPwCのメンバーファームと密接に連携し、幅広いサービスを展開しています。

詳細はこちら

カントリーリーダー

森山 進
CEE統括リーダー

横山 嘉伸
シニアマネージャー

チェコ

PwCチェコでは、首都プラハに加え、ブルノ、オストラバの2拠点に、約600名のプロフェッショナルを有しています。また、スロバキアは、首都ブラティスラバを拠点に、約450名のスタッフを抱えています。

詳細はこちら

カントリーリーダー

山崎 俊幸
シニアマネージャー

ハンガリー

PwCハンガリーでは、約600名のプロフェッショナルが日々のクライアントサービスに携わっています。メーカー、商社を中心に多くの日系企業が進出するハンガリーで、私たち日系企業コンサルティンググループは、日本や中東欧諸国におけるPwCのメンバーファームと密接に連携し、幅広いサービスを展開しています。

詳細はこちら

カントリーリーダー

山崎 俊幸
シニアマネージャー

ウクライナ

PwCウクライナでは、首都キエフに加え、ドネツクおよびルヴィブの3カ所に約300名のプロフェッショナルを有しています。メーカー、商社を中心に多くの日系企業が拠点を構えるウクライナにおいて、私ども中東欧日系企業コンサルティンググループは、日本および欧州各国におけるPwCのメンバーファームと密接に連携し、幅広いサービスを提供しております。

詳細はこちら

カントリーリーダー

山崎 俊幸
シニアマネージャー

フランス

フランスには、会計監査、ビジネスコンサルティングを⾏うPwCフランス、そして税務および法務を担当するPwC SociétédʼAvocatsがあります。フランスでは、⽇本のように税務と会計が独⽴分離した法⼈によって提供されており、いずれもPwCのフランスにおけるメンバーファームです。

詳細はこちら

カントリーリーダー

ジル・セマデーニ
統括パートナー 法務

猪又 和奈
ディレクター 法務 税務 全般的サービス

ドイツ

世界有数の経済大国である日本と、ドイツの関係性は、かつてないほどに重要なものとなっています。自動車産業や製薬産業の強さ、また経済の成熟化に伴う課題など、共通点は少なくありません。PwCドイツは、各業界に特化したノウハウや専門知識を兼ね備えており、日系企業がドイツでビジネスを成功するために必要な戦略的サポートを提供します。

詳細はこちら

カントリーリーダー

Dr. ウヴェ・ホーハーゲ
パートナー 法務・税務

藤村 伊津
ディレクター 監査

アイルランド

約150年の歴史を有するPwCアイルランドは、国内7カ所の事務所に、総勢2,000名を超えるスタッフが所属するアイルランド最大のプロフェッショナル・サービス・ファームです。

詳細はこちら

カントリーリーダー

メアリー・ホノハン
パートナー 税務

イタリア

PwCイタリアは、イタリア全土に26拠点、約7,300名のプロフェッショナルを擁しており、イタリアにおける企業や組織の事業展開を支援しています。

詳細はこちら

カントリーリーダー

シモーネ・マルキオ
パートナー 税務

ルクセンブルク

ルクセンブルクには、137の銀行、3,949のファンド(いずれも2018年11月現在。CSSF(Commission de Surveillance du Secteur Financier)の統計データより)および欧州統括の持株会社が数多くあります。PwCルクセンブルクでは、2,850名のプロフェッショナルスタッフがこれらのファンドおよび会社に対し、アシュアランス、税務、アドバイザリーなどのサービスを提供しています。

詳細はこちら

カントリーリーダー

ケネス・カイソンイエク
アジア・カントリー・プログラム・リーダー 監査

斎藤 正文
シニアマネージャー 監査

オランダ

オランダには、優れたビジネス環境が整っています。戦略的なロケーション、安定した法制度、高度な教育を受けた多言語を話せる労働力、洗練されたインフラなど、事業を展開する上での大きな利点が多々あり、数多くの多国籍企業が欧州統括会社を置いています。

詳細はこちら

カントリーリーダー

アルバート・ブロワー
パートナー 会計・監査

ポーランド

PwCポーランドでは、首都ワルシャワに加え、ブロツワフ、ポズナン、カトヴィツェ、グランスクおよびクラコフの6カ所、約1,200名のプロフェッショナルを有しています。メーカー、商社を中心に多くの日系企業が拠点を構えるポーランドにおいて、私ども中東欧日系企業コンサルティンググループは、日本および欧州各国におけるPwCのメンバーファームと密接に連携し、幅広いサービスを提供しております。

詳細はこちら

カントリーリーダー

佐伯 康之
ディレクター

ロシア

PwCロシアは、モスクワを中心とし、西欧の窓口であるサンクトペテルブルク、極東サハリンを含む4カ所で、総勢2,300名以上のプロフェッショナルが、日系企業を始めとする多国籍企業へのサービスを行っています。日系企業コンサルティンググループでは3名の日本人プロフェッショナルが中心となり、ロシアのみならず、近隣のCIS諸国についてもモスクワを中心にきめ細やかな日系企業向けサービスを提供しています。

詳細はこちら

カントリーリーダー

糸井 和光
ディレクター

南アフリカ

過去5年間におけるわが国の南アフリカへの対外直接投資は、年平均成長率24%と著しい増加傾向を示しています。2012年末時点において、南アフリカへの投資は日本からのアフリカ向け対外投資の3分の1超を示しています。

詳細はこちら

カントリーリーダー

サイモン・ヴェナブルズ
パートナー

スイス

スイスはアルプス山脈とジュラ山脈の間に位置し、面積としては比較的小さい(約41,300km2、九州よりわずかに大きい)国ですが、経済的には非常に安定かつ強固な国です。また欧州の中心に位置し、西はフランス、北はドイツ、東はオーストリア、そして南はイタリアといった国々に囲まれ、スイスの主要都市から各国までは数百キロしか離れていません。

詳細はこちら

カントリーリーダー

エリック・シュタイガー
パートナー 税務

トルコ

トルコは、世界第13位の経済大国であり、購買力平価(PPP)においては欧州第6位です。2001年のトルコ通貨危機と2008年後半から2009年にかけての世界経済危機を除いて、過去20年間で急速な経済成長を遂げています。

詳細はこちら

カントリーリーダー

ウラス・セイラン
パートナー 税務

APACリージョンリーダー

岩嶋 泰三
パートナー ディールズ

ジェイソン・ヘイズ
パートナー 監査

オーストラリア

PwCオーストラリアは国内有数のプロフェッショナルサービスファームのひとつです。PwCのグローバルネットワークを活用し、企業・非営利団体および政府の業績改善のためのサービスを提供しています。

詳細はこちら

カントリーリーダー

ジェイソン・ヘイズ
パートナー 監査

神山 雅央
パートナー 税務

カンボジア

PwCカンボジアは、タイ事務所と一体化運営されています。現在、首都プノンペンに事務所を構え、約120名のプロフェッショナルスタッフを擁し、日系企業に対するサービスを提供しています。企業買収案件や移転価格税制対応などの一部領域に関しては、タイのプロフェッショナル(含、日本人プロフェッショナル)が常時支援できる体制を敷いており、日系企業の皆様の経営問題をサポートします。

詳細はこちら

カントリーリーダー

魚住 篤志
パートナー

ラオス

PwCラオスは1996年に設立されました。正式名称は、PricewaterhouseCoopers (Lao) Sole Company Limited で、外国人を含む約90名のスタッフが在籍しています。

詳細はこちら

カントリーリーダー

魚住 篤志
パートナー

タイ

PwCタイは60年以上の歴史を有し、1,900名を超えるスタッフがPwCグローバルの新たな経営ビジョンである「The New Equation」の下で、クライアントの持続的な成長と信頼構築を支援しています。 

詳細はこちら

カントリーリーダー

魚住 篤志
パートナー

中国

PwC中国は、1906年に上海事務所を開設して以来、約100年の歴史があり、現在では、北京、天津、大連、青島、瀋陽、済南、鄭州、上海、蘇州、南京、杭州、寧波、合肥、武漢、重慶、西安、長沙、成都、昆明、厦門、広州、深圳、珠海、海口、マカオ、および香港を拠点として、16,000名以上のスタッフが勤務する中国最大の国際会計事務所です。

詳細はこちら

カントリーリーダー

高橋 忠利
PwC中国大陸および香港 日本企業部統括代表パートナー

柴 良充
香港エリア 統括パートナー

吉田 将文
華南エリア統括 パートナー

香港

2002年に創立100周年を迎えましたPwC香港は、Hong Kong Council of Social Services より”Caring Company Award”を受賞しました。優れた企業市民として香港の経済・社会発展に貢献し続ける存在であるよう一層の努力をして参ります。

詳細はこちら

カントリーリーダー

柴 良充
香港エリア 統括 パートナー

インド、スリランカ、ネパール、バングラデッシュ

PwC Japanグループのインドビジネスデスクは、東京と名古屋を拠点に、インド駐在経験のある日本人やPwCインドからのインド人駐在者3名を含む合計8名で構成されています。また、PwCインドに3名の駐在員を派遣しています。

詳細はこちら

カントリーリーダー

尻引 善博
パートナー 監査

インドネシア

PwCインドネシアは、1971年にPwCグローバルネットワークのメンバーファームに加盟して以降、インドネシアの成長と発展に寄与し、1998年以降の通貨危機の際には、大手・国営企業の建て直しに大きく貢献しました。豊富な支援実績を有する日本人パートナーおよびスタッフが、日本はもとより、世界各国のPwCメンバーファームと連携し、クライアントの皆様をサポートします。

詳細はこちら

カントリーリーダー

割石 俊介
パートナー 統括

マカオ

PwCマカオは、中国、香港、台湾と提携しており、マカオの現地法律に従って業務に従事しています。1978年以来、アシュアランス、事業設立コンサルティング、デューデリジェンスのレビュー、ゲーム・コンサルティング、リスク管理、税務アドバイザリーおよび企業の研修などの業務を通じた統合的なソリューションを提供しています。

詳細はこちら

カントリーリーダー

田中 里和
アソシエイトディレクター

マレーシア

PwCマレーシアは、ディレクター約100名、マネージャー約400名を含む約2,500名のスタッフが所属しています。首都クアラルンプールの他、ペナン、イポー、マラッカ、ジョホールバルおよびラブアンの6カ所に事務所を有しています。

詳細はこちら

カントリーリーダー

杉山 雄一
パートナー 日系企業部門統括、監査、会計アドバイザリー、企業再編アドバイザリー

フィリピン

PwCのフィリピンにおけるメンバーファームであるイスラ リパナ会計事務所は、1922年に設立されました。フィリピンにおいて最も長い歴史を持つ会計事務所であり、34名のパートナーおよび約1,500名のスタッフが質の高いサービスの提供に努めています。

詳細はこちら

カントリーリーダー

東城 健太郎
エグゼクティブディレクター

シンガポール

PwCシンガポールは、3,500人を超える専門家を擁するリーディング・インターナショナル・ファームのひとつであり、シンガポールにグローバルまたはリージョナルな地域統括機能を置く多くの多国籍企業に対して、アシュアランス、税務、およびアドバイザリーサービスを提供しています。

詳細はこちら

カントリーリーダー

平林 康洋
パートナー 全体統括およびディールズ

韓国

韓国におけるPwCメンバーファームである三逸(サミル)会計法人(以下、PwC韓国)は、韓国で最大規模を誇る会計法人であり、3,300名以上のプロフェッショナルが所属しています。PwC韓国では、日系企業を担当する専門部署を設置しています。日系企業の特性を考慮した専門サービスを日本語で提供しており、日系企業の税務・会計および経営上の諸問題が生じた際に迅速に対応できる体制を整えています。

詳細はこちら

カントリーリーダー

金龍雲(キム・ヨンウン)
パートナー 監査 金融機関会計

朱正一(ジュ・ジョンイル)
パートナー 税務

原山 道崇
マネージング・ディレクター 税務

台湾

PwC台湾の日本企業部は30年以上の歴史を有し、台湾人、日本人の会計士と弁護士を中心に、日系企業に特化したチームを構成しています。パートナーを含む4名の日本人スタッフが窓口となり、監査・税務・法務・アドバイザリーといった多岐にわたるサービスをワンストップで承っています。

詳細はこちら

カントリーリーダー

奥田 健士
パートナー

李 運鞭(リ・トーマス)
パートナー 監査

ベトナム

PwCベトナムは、ベトナムで事業を展開する日系企業に対して総合的なサービスを提供しています。PwCベトナムには、日系企業専従の要員として、ホーチミン事務所およびハノイ事務所に日本人のプロフェッショナルが所属し、ベトナムでビジネスを行う日本の起業家や組織が直面する主要な経営課題を解決すべく、ワンストップでサービスを提供しています。

詳細はこちら

カントリーリーダー

グエン・フォン・ザン
パートナー 税務

今井 慎平
ディレクター 税務

Americasリージョンリーダー

顧 威(ウェイ・クウ)
パートナー 監査

フェントレス・シーグローブス
パートナー 米国 インバウンドサービスリーダー

米国

PwC米国は、19世紀から今日まで業界トップのサービスを提供し続ける、長い歴史と伝統を持った会計事務所です。PwC米国はフォーチュン誌500社の70パーセント以上の会社に監査およびアドバイザリーのサービスを提供しています。

詳細はこちら

カントリーリーダー

フェントレス・シーグローブス
パートナー 米国 インバウンドサービスリーダー

椎野 泰輔
パートナー 監査

カナダ

PwCカナダは、1907年の設立以来、トップレベルのカナダ企業および多国籍企業のビジネスアドバイザーを務めてきました。PwCカナダは、幅広い分野のビジネスに関して、規模の大小および公開/非公開を問わず、私どもの専門知識をすべて、クライアントの皆様に提供しています。

詳細はこちら

カントリーリーダー

デイビッド・ホワイトリー
パートナー 会計アドバイザリー

北村 朝子
パートナー 監査

中南米

PwCは中南米各国に拠点を有しており、現地企業や日系企業を含む海外企業に対して、さまざまな分野のプロフェッショナルがサービスを提供しています。

詳細はこちら

カントリーリーダー(ブラジル)

レオナルド・デロソ
パートナー

各国・地域の投資および税制ガイドブック

PwCメンバーファームが発行する、各国・地域の税務最新情報およびビジネスガイドブックを紹介します。

詳細はこちら

各国・地域の投資 および税制ガイドブック

各国・地域のレポート

PwCメンバーファームが発信する、各国・地域のレポートを紹介します。

詳細はこちら

各国・地域の 最新レポート

海外セミナー

PwCが各国・地域で主催する日本企業向けのセミナー情報を紹介します。

詳細はこちら

PwC 海外セミナー

特集

日本企業の グローバル戦略動向調査

日本企業のグローバル戦略動向調査

PwC Japanグループは2021年8月に、日本企業のグローバル戦略についての課題、対応状況などに関する実態調査を実施しました。本レポートでは、この調査結果を分析するとともに、グローバル戦略の在り方について考察します。

詳細はこちら

{{filterContent.facetedTitle}}