PwC Intelligence

総合知を提供するシンクタンク

人口増大、気候変動、地政学リスクなど、世界規模で新たな社会課題が次々と起こり、企業の持続可能性に大きな影響を及ぼしています。VUCA時代とも言われるこの不確実な現代において、企業を取り巻くマクロ環境についてはテクノロジーを活用することなどにより、今後の見通しを一定程度予測し、かつ説明することは可能です。しかし、世の中にあふれる多様かつ膨大な量の情報を適切に解釈することは困難であり、そのための羅針盤が今、必要とされています。

グローバルと連携し、知を統合化するシンクタンク

「PwC Intelligence」はビジネス環境の短期、そして中長期変化を捉え、クライアント企業が未来を見通すための羅針盤となるシンクタンクです。PwC米国の「PwC Intelligence」をはじめ、PwCグローバルネットワークにおける他の情報機関・組織と連携しながら、日本国内において知の統合化を推進しています。

真のビジネスパートナーへ

PwC Intelligenceは各領域の有識者が提供するインサイトおよびデータ分析に基づいて、さまざまな外的要因がクライアントビジネスに及ぼす影響を分析することで、クライアントの事業変革を支援します。外部の有識者の知見も集約してネットワーク化し、統合知として取り扱うことで、事象の解釈の確からしさを高めることが可能となります。

私たちはこの取り組みを進めることで、個別最適に陥りがちだった専門性の枠を超え、有機的につながりながら、経営課題の解決を目指すクライアントの真のビジネスパートナーとなることを目指しています。

統合知の 提供

有識者・プロフェッショナルのインサイト

グローバルトレンド、マクロ経済、サステナビリティ、地政学、サイバー、テクノロジーなどの領域における有識者やプロフェッショナルによるインサイトを提供

データ分析

確かなファクトやさまざまなデータに基づく分析およびインサイトを提供

ネットワーク

外部の有識者の知見と社内の有識の知見を集約したネットワークを構築し、総合知を提供

{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}

「統合知」に関する重点領域インサイト

PwC Intelligenceは、近年高い注目を集めるマクロ経済、サステナビリティ、地政学リスク、サイバーセキュリティ、テクノロジーを重点領域に設定し、各領域の有識者が独自のインサイトやデータ分析を提供しています。グローバルビジネスを取り巻く環境は急激に変化し、その課題も複雑化しています。PwCは多様な領域の知見を併せ持つ「統合知」の考え方を基に、グローバルトレンドや業界の知見を取り入れ、ビジネスに係るリスクや影響を分析することでクライアントの事業変革を支援します。

重点領域のレポートはこちら

エコノミスト

片岡 剛士

チーフエコノミスト, PwCコンサルティング合同会社

Email

伊藤 篤

シニアエコノミスト, PwCコンサルティング合同会社

Email

主要メンバー

三治 信一朗

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

Email

磯貝 友紀

パートナー, PwCサステナビリティ合同会社

Email

桂 憲司

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

Email

丸山 満彦

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

Email

杉光 一成

Techonlogy Laboratory 技術顧問, PwCコンサルティング合同会社

Email

名和 利男

PwC Japanグループ, サイバーセキュリティ最高技術顧問, PwC Japan

Email