サステナビリティ

中長期的な企業価値を向上させるためのシナリオを提供

CSV(Creating Shared Value)、すなわち経営トップ主導により、本来の事業活動に加えて、社会的価値も創造する経営手法がグローバルで主流となりつつあります。今後、企業の社会的評価は経営戦略にCSVがどのように反映されているかにより左右される時代となるでしょう。

新興国の経済成長、気候変動、自然資源の逼迫など深刻化する環境問題や社会的問題のメガトレンドを見据えて事業活動と連動したサステナビリティ戦略を策定することにより、同業他社との差別化につながり、企業の社会的存在意義を高めることができるでしょう。

規制への対応や業界の足並みを揃えた社会・環境対策を中心とした「守り」のサステナビリティ経営は、リスク最小化というメリットは大きいものの企業価値を向上させるという点では十分ではありません。リーディングカンパニーは、サステナビリティ分野において先進的な取組みを行っており、新しい価値観の醸成により新たな市場・顧客を開拓し、更には社会・環境分野の課題解決の新しいトレンドを生み出し、社会的存在意義を高めています。

サステナビリティ経営支援サービス

世界的にSDGsやESG、サステナビリティに関する取り組みが推進される中、環境・社会課題を解決しながら、自社の財務・非財務面の持続的な成長を実現する本質的なサステナビリティ経営が注目されています。PwC Japanグループは、サステナビリティに関連した戦略から新規ビジネス創出、オペレーション、トランスフォーメーション、リスク対応、開示・エンゲージメントといった幅広い経営アジェンダを包括的に支援します。

詳細はこちら


{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}

{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}

{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}

主要メンバー

丸山 琢永

パートナー, PwCあらた有限責任監査法人, PwCビジネスアシュアランス合同会社

Email

磯貝 友紀

パートナー, PwCあらた有限責任監査法人

Email