消費財・小売・流通

消費財・小売・流通業界が抱える課題とPwC Japanグループが提供するサービスをご紹介します

人口減と高齢化が進む日本において、消費財・小売・流通業界の市場規模は横ばいから漸減傾向にあります。将来の成長機会を獲得するため、積極的に海外進出を検討・実行している企業も多く、グローバル化の流れは今後、さらなる拡大が見込まれます。また、百貨店、量販店、ディスカウントストア、コンビニエンスストアに加え、通販、インターネット販売やモバイルを中心としたeコマースなどの販売形態の増加に伴い、低価格競争も激化しています。
企業は生き残りをかけ、市場ニーズを迅速かつ的確に把握し、ブランド力および価格競争力の高いサービス・商品を提供することが急がれます。

PwCは米国・欧州・アジアに消費財・小売・流通の専門家チームを有しており、豊富な経験と見識、ソリューションを共有しています。常に新しい視点から、企業のグローバル化や改革を支援します。

Contact us

Follow us