消費財・小売・流通

ニーズの多様化やオムニチャネル化など、変化の激しい環境の中で求められる企業のグローバル化や改革を支援します。

人口減と高齢化が進む日本において、消費財・小売・流通業界の市場規模は横ばいから漸減傾向にあります。将来の成長機会を獲得するため、積極的に海外進出を検討・実行している企業も多く、グローバル化の流れは今後、さらなる拡大が見込まれます。また、百貨店、量販店、ディスカウントストア、コンビニエンスストアに加え、通販、インターネット販売やモバイルを中心としたeコマースなどの販売形態の増加に伴い、低価格競争も激化しています。

企業は生き残りをかけ、市場ニーズを迅速かつ的確に把握し、ブランド力および価格競争力の高いサービス・商品を提供することが急がれます。

PwCは米国・欧州・アジアに消費財・小売・流通の専門家チームを有しており、豊富な経験と見識、ソリューションを共有しています。常に新しい視点から、企業のグローバル化や改革を支援します。

業界を取り巻く課題とPwCのソリューション

1.成長と実現

人口減と高齢化の進展により市場規模が漸減傾向にある消費財・小売・流通業界の企業にとって、その国内市場でどのように利益成長を行うか、また、M&A、海外市場への進出も視野に入れた今後の成長を実現する戦略の策定から実行までを支援します。

成長のための経営資源の最適化

M&A

グローバル化支援

2.クライアントのエンゲージメント向上

多様化したクライアントのニーズ・購買行動、デジタルネイティブといわれるミレニアム世代のニーズの把握、そしてデザインイノベーションの手法を用いたイノベーション創出など分析、インサイトをもとにクライアントへの価値を提供する戦略から実行までを支援します。

カスタマーエクスペリエンスの戦略の策定・設計 

カスタマ-アナリティクスによる戦略の策定

プロダクト・サービスのイノベーションの創出

マーケティング

3.業務の効率化、および生産性の向上

労働集約的な小売業、競争激化しグローバル化が進展している消費財メーカーにとって、これまで以上に生産性を向上させることは喫緊の課題といえます。企業経営(Operation)の”高効率化”を実現するため、SCMを含むバリューチェーン全体の変革、ワークスタイルの変革をお手伝いいたします。

サプライチェーン戦略

調達改革・購買コストダウン

ビジネスアプリケーショントランスフォーメーション

ワークスタイル変革

4.グローバルでのガバナンス、リスク・コンプライアンス管理と内部監査の競争力強化

PwCの経験と革新的なテクノロジーを活用し、グローバル化する日本企業のガバナンス、リスク・コンプライアンス管理および内部監査(経営監査)の競争力強化を支援します。

  • 経営管理人材の育成支援および人材派遣
  • ノンコア管理業務のアウトソーシング
  • ITリスク、情報・サイバーセキュリティリスクの管理・監査に関するアドバイザリー
  • データアナリティクスとRPAを活用したグローバル統合リスク・コンプライアンス管理プラットフォームの導入支援
  • その他、経営管理アジェンダに関する保証ならびに体制構築支援

ガバナンス向上の支援

コンプライアンスリスク管理

リスクマネジメントの支援

内部監査の支援

5.ファイナンス・アカウンティングの効率的な管理

小売業界では、急速に進行するオムニチャネル化に対して、各社新しい顧客体験を提供するためのテクノロジー投資とプロセス、体制の見直しを進めています。また、IoT、ビックデータ、AI等の活用は、これまでにない洞察を得ることを可能としています。PwCは、新しい時代のビジネスを維持、発展させる仕組みの構築として、財務経営管理部門に向けた各種サービスを提供し、企業価値の向上に貢献します。

  • 財務戦略ソリューション
  • 企業業績管理ソリューション
  • 経理業務合理化ソリューション
  • 財務資金管理ソリューション

詳細はこちら

6.サステナビリティへの対応

メガトレンドの影響を受け、レスポンシブル・コンシューマー(責任ある購買活動を行う消費者)層の拡大、サプライチェーンにおける環境・社会対応に対する規制、気候変動による農作物の調達地域の移動、小売業を取り囲む環境は大きく変化しています。こうした環境変化の中、中長期的に企業価値を高め、持続可能な企業経営を実現するためには、経営戦略から実務レベル、さらにコーポレートから事業レベルにおけるさまざまな課題をサステナビリティの視点で解決することが重要です。

サステナビリティ戦略策定支援サービス

マテリアリティアセスメント支援サービス

サプライチェーンにおける環境リスク・機会評価サービス

7.適切な税務ポジションの実現

BEPSをはじめとした複雑さを増す国内および国際税務環境において、移転価格、M&A、税務コーポレートガバナンス構築等、企業活動に関連する税務の重要性が高くなっています。

国内および海外のPwCメンバーファームとも連携し、これらのさまざまな税務上の諸問題に適切に対応し、クライアントが税務ポジションの最適化を実現するための支援をします。

国内税務

移転価格

国際税務

M&A

8.人材による差別化

人手不足といわれている小売、流通業、およびますますイノベーティブでグローバルな人材が求められる消費財メーカーにとっては、適切な人材の確保、維持 (リテンション) 、育成、それを支える制度設計、風土改革が大変重要なテーマになっています。競争優位を維持・強化すべく、 個社のビジネスの方向性から導き出される人材像を明らかにしたうえで、個社の組織構造やカルチャーを勘案し、 最適な人事戦略、グローバル人材マネジメント戦略、M&Aによるシナジーを創出する人事・組織戦略を策定し、実行まで支援します。

人材マネジメント戦略

チェンジマネジメント

グローバル人材マネジメント

M&A支援

特別対談シリーズ「消費財・小売・流通業の最前線」

消費財・小売・流通業界をリードする気鋭の経営者の方々に、最新動向や未来についてシリーズでお話を伺います。

詳細はこちら


インサイト/ニュース

主要メンバー

小山 徹

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

Email

田所 健

パートナー, PwCあらた有限責任監査法人

Email

小堺 亜木奈

パートナー, PwCアドバイザリー合同会社

Email

山田 祐介

PwC税理士法人, パートナー, 東京

Email

スティーヴン ヴェレトフゥン

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

Email