Skip to content Skip to footer
Search

Loading Results

製造業COOパルスサーベイ

製造業の未来:経営者による最新のインサイト


変化を遂げた世界に向けた製造業の再出発

この1年、製造業はこれまでにない混乱に直面してきました。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による急激な変化は、デジタル化の加速、サイバー攻撃の増加、消費者行動の変容をもたらすとともに、製造業における事業活動の弱点を明らかにし、回復力と機敏性の必要性をより強調しました。

このような激動の中で、製造業の未来はどうなるでしょうか。これを明らかにするため、PwCは製造業のCOO(最高執行責任者)を対象とした「COOパルスサーベイ」を実施しました。本調査では、製造業における世界の大企業585社の執行役員に対し、今後の見通しを踏まえた計画と取り組みの優先順位について聞きました。昨今の製造業のリーダーたちがより良い明日に向けてどんな取り組みを行っているのかを示す調査結果を、以下のインタラクティブツールでご覧いただけます。調査内容の詳細については、ページ下部のフォームよりお問い合わせください。

Anil Khurana
グローバル製造・自動車リーダー

以下の設問をクリックすると、調査結果とそこから得られたインサイトを回答者の業界別、国別、事業規模別にご覧いただけます。

Q1. サイバーセキュリティについて、今後6カ月間および今後1~2年で、対策が最も必要となる脆弱性があるのはどの領域ですか。

必要不可欠なサイバーセキュリティ対策

製造業におけるサイバーセキュリティは、もはや「あると良いもの(nice-to-have)」ではありません。コロナ禍におけるサイバー攻撃の急激な増加に伴い、製造業者は標的型攻撃に対する対応策を強化しなければならないという危機感を抱いています。では、どのような領域でサイバーセキュリティシステムの改善に取り組むべきでしょうか。調査結果は、製造設備や機器と同等に、インターネット接続されたシステムとデバイスが最も保護されていない領域の上位に入っていることを示しています。

調査結果の下にある+マークをクリックすると、さらに国別・事業規模別の詳細が表示されます。

業界、国、事業規模のタブをクリックすると、下のドロップダウンメニューにより、各調査結果の詳細を参照できます。表示されている数値は、調査対象者のうち、その回答を選択した対象者の割合を表しています。

  • 0%xxxxx
  • 0%xxxxx
  • 0%xxxxx
  • 0%xxxxx
  • 0%xxxxx
  • 0%xxxxx
  • 0%xxxxx
  • 0%xxxxx

調査結果の全容やPwCが提供するサポート内容についてはお問い合わせください。

Q1. Which of the following areas of vulnerability will require the most cybersecurity improvement? (by industry)
Select sector 全て 航空宇宙・防衛 自動車 消費財 電子・技術 エネルギー・ユーティリティ・資源 エンジニアリング・建設 ヘルスケア 産業用製品・設備
IoTや組込みシステム・デバイス 48% 48% 57% 40% 40% 58% 47% 51% 43%
研究開発・計画策定用のツール・設備 36% 40% 42% 16% 58% 31% 22% 36% 34%
製造設備・工場・機器 33% 41% 39% 31% 13% 24% 36% 31% 32%
Q1. Which of the following areas of vulnerability will require the most cybersecurity improvement? (by country)
Select country 中国 ドイツ 日本 英国 米国
IoTや組込みシステム・デバイス 41% 53% 34% 47% 59%
研究開発・計画策定用のツール・設備 39% 35% 42% 39% 30%
製造設備・工場・機器 31% 43% 28% 25% 37%
Q1. Which of the following areas of vulnerability will require the most cybersecurity improvement? (by size)
Select business size 10億米ドル~49億9,000万米ドル 50億米ドル以上 2.5億米ドル~9億9,900万米ドル
IoTや組込みシステム・デバイス 51% 51% 43%
研究開発・計画策定用のツール・設備 32% 40% 37%
製造設備・工場・機器 36% 34% 29%
Q1. Which of the following areas of vulnerability will require the most cybersecurity improvement? (Aerospace)
Country/business size 中国 ドイツ 日本 英国 米国 10億米ドル~49億9,000万米ドル 50億米ドル以上 2.5億米ドル~9億9,900万米ドル
IoT and embedded systems and devices 40% 50% 30% 40% 63% 55% 34% 64%
R&D and planning tools and facilities 45% 40% 35% 45% 38% 42% 39% 39%
Manufacturing facilities, plant, and equipment 30% 55% 40% 35% 43% 52% 36% 39%
Q1. Which of the following areas of vulnerability will require the most cybersecurity improvement? (Automotive)
Country/business size 中国 ドイツ 日本 英国 米国 10億米ドル~49億9,000万米ドル 50億米ドル以上 2.5億米ドル~9億9,900万米ドル
IoT and embedded systems and devices 50% 50% 45% 65% 65% 56% 63% 51%
R&D and planning tools and facilities 40% 45% 45% 55% 33% 40% 43% 43%
Manufacturing facilities, plant, and equipment 30% 55% 25% 40% 43% 37% 50% 30%
Q1. Which of the following areas of vulnerability will require the most cybersecurity improvement? (IM)
Country/business size 中国 ドイツ 日本 英国 米国 10億米ドル~49億9,000万米ドル 50億米ドル以上 2.5億米ドル~9億9,900万米ドル
IoT and embedded systems and devices 35% 50% 15% 50% 55% 50% 50% 33%
R&D and planning tools and facilities 40% 25% 50% 30% 30% 24% 46% 37%
Manufacturing facilities, plant, and equipment 50% 30% 20% 10% 40% 33% 36% 28%

Q2. 製造プラットフォームや技術、ツールについて、今後6カ月間および今後1~2年で、自社にとって最も優先度が高いものはどれですか。

次世代製造システム

コロナ禍、そしてその後に訪れるデジタルファーストの世界においてもより効率的なオペレーションを実現するために、製造業の各企業は新しいシステムと技術に焦点を当ててきました。 そのうち、各企業がここ数年にわたり期待を寄せているプラットフォームやツールはどれでしょうか。調査結果からは、短期的にはクラウドとIoTが製造技術の主体として継続する一方で、長期的にはサイバーリスクを追跡できる脅威マップダッシュボードが重視されるようになることが分かりました。

調査結果の下にある+マークをクリックすると、さらに国別・事業規模別の詳細が表示されます。

業界、国、事業規模のタブをクリックすると、下のドロップダウンメニューにより、各調査結果の詳細を参照できます。表示されている数値は、調査対象者のうち、その回答を選択した対象者の割合を表しています。

  • 0%xxxxx
  • 0%xxxxx
  • 0%xxxxx
  • 0%xxxxx
  • 0%xxxxx
  • 0%xxxxx
  • 0%xxxxx
  • 0%xxxxx

調査結果の全容やPwCが提供するサポート内容についてはお問い合わせください。

Q2. Which manufacturing platforms, technologies, and tools is your company prioritising? (by industry)
Select sector 全て 航空宇宙・防衛 自動車 消費財 電子・技術 エネルギー・ユーティリティ・資源 エンジニアリング・建設 ヘルスケア 産業用製品・設備
IoT 70% 83% 64% 67% 71% 53% 69% 60% 74%
パブリッククラウド、プライベートクラウド 59% 68% 57% 58% 56% 53% 51% 58% 58%
RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション) 51% 56% 53% 49% 56% 53% 42% 47% 46%
Q2. Which manufacturing platforms, technologies, and tools is your company prioritising? (by country)
Select Country 中国 ドイツ 日本 英国 米国
IoT 68% 76% 65% 75% 68%
パブリッククラウド、プライベートクラウド 52% 71% 41% 65% 63%
RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション) 61% 49% 51% 50% 46%
Q2. Which manufacturing platforms, technologies, and tools is your company prioritising? (by size)
Select business size 10億米ドル~49億9,000万米ドル 50億米ドル以上 2.5億米ドル~9億9,900万米ドル
IoT 74% 67% 69%
パブリッククラウド、プライベートクラウド 58% 59% 59%
RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション) 47% 54% 51%
Q2. Which manufacturing platforms, technologies, and tools is your company prioritising? (aerospace)
Country/business size 中国 ドイツ 日本 英国 米国 10億米ドル~49億9,000万米ドル 50億米ドル以上 2.5億米ドル~9億9,900万米ドル
IoT 90% 85% 95% 75% 78% 87% 80% 85%
パブリッククラウド、プライベートクラウド 65% 80% 65% 60% 70% 65% 70% 70%
RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション) 80% 40% 60% 55% 50% 52% 59% 55%
Q2. Which manufacturing platforms, technologies, and tools is your company prioritising? (Automotive)
Country/business size 中国 ドイツ 日本 英国 米国 10億米ドル~49億9,000万米ドル 50億米ドル以上 2.5億米ドル~9億9,900万米ドル
IoT 60% 70% 50% 85% 60% 63% 57% 73%
パブリッククラウド、プライベートクラウド 50% 75% 30% 60% 65% 53% 68% 51%
RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション) 55% 60% 60% 45% 48% 49% 57% 51%
Q2. Which manufacturing platforms, technologies, and tools is your company prioritising? (IM)
Country/business size 中国 ドイツ 日本 英国 米国 10億米ドル~49億9,000万米ドル 50億米ドル以上 2.5億米ドル~9億9,900万米ドル
IoT 70% 75% 55% 75% 85% 87% 71% 63%
パブリッククラウド、プライベートクラウド 50% 75% 50% 75% 50% 61% 43% 65%
RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション) 40% 70% 45% 40% 53% 41% 54% 46%

Q3. B2B・B2Cにおける顧客のニーズと行動について、今後6カ月間および今後1~2年で、自社のビジネスに最も大きな影響を与える変化はどれですか。

顧客ニーズの変化による影響

COVID-19が世界を変えるにつれて、顧客のニーズも変わりました。消費者の優先順位、行動、デジタルへの期待が一変し、製造業者は自らのビジネスのやり方を再考する必要に迫られています。このような状況下で、どのような消費者指向のシフトが、製造業に今後数年にわたる大きな影響を与えるのでしょうか。調査結果によると、取引における透明性への期待と、デジタルチャネルの需要増大が最も大きい影響を与えうると考えられていることが判明しました。さらに、B2C企業とB2B企業では長期的な影響の予測が異なることも明らかになりました。

調査結果の下にある+マークをクリックすると、さらに国別・事業規模別の詳細が表示されます。

業界、国、事業規模のタブをクリックすると、下のドロップダウンメニューにより、各調査結果の詳細を参照できます。表示されている数値は、調査対象者のうち、その回答を選択した対象者の割合を表しています。

  • 0%xxxxx
  • 0%xxxxx
  • 0%xxxxx
  • 0%xxxxx
  • 0%xxxxx
  • 0%xxxxx
  • 0%xxxxx
  • 0%xxxxx

調査結果の全容やPwCが提供するサポート内容についてはお問い合わせください。

Q3. Which changes in B2B and B2C customer needs and behaviors will have the biggest impact on your business? (by industry)
Select sector 全て 航空宇宙・防衛 自動車 消費財 電子・技術 エネルギー・ユーティリティ・資源 エンジニアリング・建設 ヘルスケア 産業用製品・設備
デジタルチャネルの利用拡大 52% 57% 46% 60% 58% 36% 53% 47% 53%
オムニチャネルの使用 39% 47% 31% 51% 44% 31% 36% 24% 42%
製品のデジタル化、コネクテッド化 38% 41% 43% 38% 40% 31% 24% 40% 38%
Q3. Which changes in B2B and B2C customer needs and behaviors will have the biggest impact on your business? (by country)
Select country 中国 ドイツ 日本 英国 米国
デジタルチャネルの利用拡大 54% 55% 44% 55% 51%
オムニチャネルの使用 33% 40% 40% 38% 41%
製品のデジタル化、コネクテッド化 33% 39% 40% 30% 44%
Q3. Which changes in B2B and B2C customer needs and behaviors will have the biggest impact on your business? (by size)
Select business size 10億米ドル~49億9,000万米ドル 50億米ドル以上 2.5億米ドル~9億9,900万米ドル
デジタルチャネルの利用拡大 56% 49% 49%
オムニチャネルの使用 39% 43% 34%
製品のデジタル化、コネクテッド化 37% 36% 41%
Q3. Which changes in B2B and B2C customer needs and behaviors will have the biggest impact on your business? (Aerospace)
Country/business size 中国 ドイツ 日本 英国 米国 10億米ドル~49億9,000万米ドル 50億米ドル以上 2.5億米ドル~9億9,900万米ドル
デジタルチャネルの利用拡大 55% 60% 45% 60% 63% 58% 63% 48%
オムニチャネルの使用 35% 50% 55% 55% 43% 39% 55% 39%
製品のデジタル化、コネクテッド化 45% 45% 50% 15% 45% 45% 43% 33%
Q3. Which changes in B2B and B2C customer needs and behaviors will have the biggest impact on your business? (Automotive)
Country/business size 中国 ドイツ 日本 英国 米国 10億米ドル~49億9,000万米ドル 50億米ドル以上 2.5億米ドル~9億9,900万米ドル
デジタルチャネルの利用拡大 50% 60% 45% 40% 40% 47% 45% 46%
オムニチャネルの使用 10% 45% 40% 25% 33% 35% 33% 24%
製品のデジタル化、コネクテッド化 50% 55% 45% 40% 33% 44% 35% 49%
Q3. Which changes in B2B and B2C customer needs and behaviors will have the biggest impact on your business? (IM)
Country/business size 中国 ドイツ 日本 英国 米国 10億米ドル~49億9,000万米ドル 50億米ドル以上 2.5億米ドル~9億9,900万米ドル
デジタルチャネルの利用拡大 60% 50% 40% 55% 57% 67% 39% 48%
オムニチャネルの使用 45% 35% 25% 45% 50% 48% 39% 37%
製品のデジタル化、コネクテッド化 15% 35% 50% 30% 48% 37% 39% 37%

Q4. 今後6カ月間および今後1~2年で、自社が最も優先的に実績を評価するのはどの領域ですか。

新時代の製造指標

製造業は変革の過渡期にあり、製造業における成長や成功を評価する方法も進化しています。パンデミックが高度な技術への移行を加速させ、社会や安全性の問題をあぶり出しつつある中、財務指標だけでは成長を測定できなくなっています。製造業では今後どのようにして事業を評価するのでしょうか。調査結果は、生産性、イノベーション、デジタル化が今後の重要な指標として位置づけられていることを示しています。また同時に、製造業者はサステナビリティやCSRについても評価指標として高い意義を見出しています。

調査結果の下にある+マークをクリックすると、さらに国別・事業規模別の詳細が表示されます。

業界、国、事業規模のタブをクリックすると、下のドロップダウンメニューにより、各調査結果の詳細を参照できます。表示されている数値は、調査対象者のうち、その回答を選択した対象者の割合を表しています。

  • 0%xxxxx
  • 0%xxxxx
  • 0%xxxxx
  • 0%xxxxx
  • 0%xxxxx
  • 0%xxxxx
  • 0%xxxxx
  • 0%xxxxx

調査結果の全容やPwCが提供するサポート内容についてはお問い合わせください。

Q4. Which of the following areas will your firm prioritise for performance measurement? (by industry)
Select sector 全て 航空宇宙・防衛 自動車 消費財 電子・技術 エネルギー・ユーティリティ・資源 エンジニアリング・建設 ヘルスケア 産業用製品・設備
生産性および効率性 56% 66% 54% 56% 53% 42% 69% 42% 55%
イノベーションおよび研究開発 51% 55% 49% 40% 51% 56% 49% 49% 53%
デジタルトランスフォーメーション 46% 53% 38% 40% 47% 47% 47% 49% 47%
Q4. Which of the following areas will your firm prioritise for performance measurement? (by country)
Select country 中国 ドイツ 日本 英国 米国
生産性および効率性 66% 54% 56% 53% 42%
イノベーションおよび研究開発 55% 49% 40% 51% 56%
デジタルトランスフォーメーション 53% 38% 40% 47% 47%
Q4. Which of the following areas will your firm prioritise for performance measurement? (by size)
Select business size 10億米ドル~49億9,000万米ドル 50億米ドル以上 2.5億米ドル~9億9,900万米ドル
生産性および効率性 66% 54% 56%
イノベーションおよび研究開発 55% 49% 40%
デジタルトランスフォーメーション 53% 38% 40%
Q4. Which of the following areas will your firm prioritise for performance measurement? (Aerospace)
Country/business size 中国 ドイツ 日本 英国 米国 10億米ドル~49億9,000万米ドル 50億米ドル以上 2.5億米ドル~9億9,900万米ドル
生産性および効率性 75% 70% 70% 75% 53% 65% 73% 55%
イノベーションおよび研究開発 60% 50% 45% 45% 65% 65% 50% 55%
デジタルトランスフォーメーション 55% 70% 50% 50% 45% 45% 57% 52%
Q4. Which of the following areas will your firm prioritise for performance measurement? (Auto)
Country/business size 中国 ドイツ 日本 英国 米国 10億米ドル~49億9,000万米ドル 50億米ドル以上 2.5億米ドル~9億9,900万米ドル
生産性および効率性 40% 80% 55% 50% 50% 47% 68% 49%
イノベーションおよび研究開発 70% 50% 50% 25% 50% 42% 45% 62%
デジタルトランスフォーメーション 20% 30% 45% 35% 48% 42% 40% 30%
Q4. Which of the following areas will your firm prioritise for performance measurement? (IM)
Country/business size 中国 ドイツ 日本 英国 米国 10億米ドル~49億9,000万米ドル 50億米ドル以上 2.5億米ドル~9億9,900万米ドル
生産性および効率性 60% 45% 45% 75% 53% 59% 46% 57%
イノベーションおよび研究開発 40% 50% 60% 55% 57% 61% 46% 50%
デジタルトランスフォーメーション 40% 50% 45% 60% 43% 48% 39% 50%

※本コンテンツは、「Manufacturing COO Pulse Survey」を翻訳したものです。翻訳には正確を期しておりますが、英語版と解釈の相違がある場合は、英語版に依拠してください。

主要メンバー

北川 友彦

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

Email

本木 昌裕

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

Email

山中 鋭一

パートナー, PwCあらた有限責任監査法人

Email

川原 英司

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

Email

諏訪 航

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

Email

寺澤 雄輝

シニアマネージャー, PwCコンサルティング合同会社

Email

座間 敦史

シニアマネージャー, PwCコンサルティング合同会社

Email

{{filterContent.facetedTitle}}