オペレーションズ(サプライチェーン全体に関わる各業務)

バリューチェーン各業務の知見・経営から現場までの視点・さまざまな業界の経験を備えたエキスパートが、プロジェクトの企画から実行までをご支援します。

高まるオペレーションの重要性、そのあり方を捉え直す

昨今、調達・生産・物流・販売・アフターサービスの垣根が下がっており、より統合的な管理が求められています。また、各業務に関わるオペレーション活動には、生産性向上や変化対応、さらにはダイバーシティやグローバリズムを保ちつつ高品質であることが求められています。

さらには企業のサステナビリティやソーシャルインパクトまで踏まえた長期的な視野をも取り入れる必要があり、SDGsやESGと言った要素をも大きな影響を及ぼす状況です。

これら全ての実現・実行にはオペレーションの高度化が不可欠であり、根本的なあり方を捉え直す必要があります。

PwCが考えるオペレーション

PwCの“オペレーションズ”は、One Teamで構成されています。

なぜなら、企業のバリューチェーン全体に渡る各業務を統合し、どの領域から改革を始めても全体の調和・整合が取れるようにするためには、われわれのコンサルティング業務も1つの組織で支援すべきだからです。

世界157カ国のPwCグループ各社・各サービス部門とも連携し、バリューチェーン上の個々の業務と経営を密接に連携させるため、管理階層を超えた業務プロセス(IBP:Integrated Business Planning)の実現や、DX(デジタルトランスフォーメーション)技術を用いた各業務のオペレーショナルエクセレンスの実現をサポートします。


{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}

主要メンバー

田中 大海

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

Email

野田 武

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

Email

石見 忠雄

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

Email

望月 誠治

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

Email