収益最大化を実現するSource to Payに向けたオペレーティングモデルの高度化支援

オペレーティングモデルの高度化に向けて

企業が収益の最大化に向けてコスト削減活動を行い、安定的な調達活動を継続するには、調達オペレーションモデルの最適化・高度化が不可欠となります。PwCは、コスト削減の伴走支援とあわせて、収益最大化を実現するSource to Pay(エンドツーエンドの調達プロセス)に向けた調達機能の改革を通じ、調達機能の経営への貢献を支援します。

解決・達成へのシナリオ

簡易診断によって、クライアントのコスト削減最大化・継続化を阻む調達・購買活動の課題を可視化、特定します。その後、調達の高度化として、業務整備とデジタル化により内部コストを引き下げ、人的資源をより高付加価値業務へとシフトさせることで企業体質の強化を図ります。同時に継続性、再現性のあるコスト削減支援を行います。


{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}

主要メンバー

野田 武

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

Email

小山 元

ディレクター, PwCコンサルティング合同会社

Email