調達コスト削減と定着化のための伴走支援

調達コスト削減とその定着に向けて

予測不能な外部環境の変化が企業経営に多大な影響を与えているなか、調達活動においても、より厳格かつ継続的なコスト管理が求められています。これを実現するためには、「コスト削減×オペレーティングモデルの高度化」がカギとなります。

調達全体のコストを可視化し、費目ごとに優先順位付けしてコスト削減を実行します。Quick Winで短期的効果の創出を図り、成功のモメンタムを醸成しながら、アセット化、標準化していくことで、コスト削減活動を定着させていきます。

PwCによる伴走支援の特長

PwCでは、伴走支援を推奨しています。クライアント自身でコスト削減を推進していくことで、短期間でのスキルの底上げと反復による定着化を図り、一過性ではない継続的な自走を実現します。

PwCのサービス

  • PwCグローバルネットワークを生かしたベンチマーク、ノウハウの提供
  • 見積もりテンプレートや仕様整備テンプレートの提供・作成支援
  • スキルアセスメント(現状のコアスキル、ソーシングスキルの見える化、リスキルのプランニングと実行)
  • コアスキル(分析スキル、ロジカルシンキング)やソーシングスキルトレーニング、ワークショップの実施
  • PwCの調達専門家によるマンツーマン指導(ティーチングとコーチング両方を活用)

{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}

{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}

主要メンバー

野田 武

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

Email

小山 元

ディレクター, PwCコンサルティング合同会社

Email