Skip to content Skip to footer
Search

Loading Results

New world. New skills. 新たな世界。新たなスキル。

デジタルな世界で生活し、学び、働き、その一員となる――そのために必要なスキルを、誰もが身に着けるべき時が来ています。

私たちの仕事は、急速に変化しています。多くの職業が消えゆく一方で、新たな仕事も次々と生まれています。人々が今持っているスキルと、デジタルな世界で仕事をするために必要なスキルには大きなギャップがあり、これは現代の最も重大な課題の一つとなっています。

スキルの向上、すなわち「アップスキリング」は、複雑な問題です。教育、国・地域・自治体の行政、ビジネスなどさまざまな領域の意思決定者が協力して取り組まなければなりません。

PwCグローバルネットワークは今後4年間で30億米ドルを投じて「アップスキリング」に取り組む計画です。これはPwCスタッフの教育だけでなく、クライアントと地域社会を支援するためのテクノロジーの開発と共有にも向けられます。私たちが力を合わせて取り組めば、将来活躍する人材を育成できるはずです。こうした取り組みを通じて、世界をより変化に強い、高い能力を備えたインクルーシブな場所にすることを目指します。

今、何をすべきか

テクノロジーは私たちにとって良いものでしょうか、それとも害をもたらすものでしょうか?確かなことは、私たちは今、重大な岐路に立っているということです。新しい世界では新しいスキルが必要であり、誰もがそれを身に着ける機会を得られなければなりません。

Playback of this video is not currently available

ルクセンブルグやシティバンクなど具体的な取り組みを含む「アップスキリング:デジタルデバイドを埋めるために(短編ドキュメンタリー動画)」もご覧ください。

PwC Japanグループ代表 木村 浩一郎のメッセージ

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的拡大の影響もあり、デジタル化の流れがいっそう加速し、働き方が大きく変わりつつあります。人々に求められるスキルも大きく変化しており、全ての人がプログラミングできるほどの高度な知識や技術を身につける必要はありませんが、新しいテクノロジーにうまく対応していくことが不可欠となっています。つまり、今までの考え方や行動そのものにおいても「アップスキリング(スキルの向上)」が求められているのです。

人々が備えているスキルとデジタル世界が必要とする新たなスキルとの「ギャップ」の拡大は、日本社会においても喫緊の課題のひとつであり、COVID-19の拡大によってさらに深刻化しています。問題解決に向け、今こそ政府、NPO/NGO、教育業界そして企業が協力しあい、一丸となって対処していく必要があります。

高い技術力と新たなテクノロジーを前向きに受け入れる文化・風土を持ち、世界でいち早く少子高齢化が進む日本だからこそ、期待される役割もあると思います。データ活用におけるネットワークやガバナンスづくりなどにおいても、日本が率先して貢献していけるでしょう。

「New world. New skills. 新たな世界。新たなスキル。」は、世界中の人々がデジタル世界への知識と理解を深め、スキルを改善できるよう支援するPwCのグローバルプログラムです。私たちPwC Japanグループも、PwCスタッフとクライアント、そして地域社会に投資し、「アップスキリング」という重要な社会課題の解決に取り組んでまいります。

デジタル環境変化に関する意識調査 2021年版

PwCは、デジタル化によって到来しつつある「新たな世界」で必要になる「新たなスキル」について、日本および各国の社会人がその変化をどのようにとらえているかを探る『デジタル環境変化に関する意識調査』を実施しています。2回目となる2021年度の調査では世界19カ国の約32,500名を対象に、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で加速するデジタル化の波が自分たちの仕事環境をどのように変えていると感じているかについて聞きました。日本からは2,000名を超える方に回答いただいています。

グローバル翻訳版

日本の調査結果分析

デジタル世界で誰もが活躍するために ― アップスキリングに向けたPwCの取り組み

これからのデジタル世界で誰もが活躍し続けていくために、今、すべきことは何でしょう。アップスキリングに向けたPwCからの提言と取り組みをご覧ください。

詳細はこちら

PwC Japanグループにおけるアップスキリング

PwC Japanグループは、自らのデジタルアップスキリングにも力を入れています。プロフェッショナル教育と育成に関わるさまざまな取り組みを推進すると共に、自社の業務に新しいテクノロジーとイノベーションを取り入れ、新たな世界へ適応する組織作りを進めています。

PwC JapanグループのDXジャーニー

次世代監査への取り組み

多くの力を結集して、世界の若者のアップスキリングを支援

将来の仕事に就くには、新しいスキルが必要になると考えられます。しかも、そのスキルは、機会に恵まれないコミュニティの中では手に入りません。このギャップを解消するために、PwCはユニセフとコラボレーションを組み、数百万人の若者のアップスキル支援に取り組んでいます。

詳細はこちら

地域社会への取り組み事例

デジタルフィットネス(Digital Fitness)アプリは、誰でも気軽にデジタル世界の理解を深め、知識を得ることのできる、PwCが開発した学習ツールです。期間限定で、世界中で無料公開しています。

PwCはこのアプリを通じて、新しいスキルや知識の機敏な習得とその習慣化を支援します。

詳細はこちら

PwC Japanグループは特定非営利活動法人みんなのコードと協力し、10年後の社会で必要とされる職業と、その職業に就くために必要なスキルを考えるというテーマで、「未来のしごとワークショップ」の公教育現場への提供を開始しました。

次世代を担う人材がデジタル世界への知識と理解を深め、スキルを習得することを目的とした取り組みです。

詳細はこちら

日本に持続可能な成長をもたらし地域コミュニティを活性化していくうえで重要なことの1つが、次世代を担っていく女性リーダーの育成です。そのために、PwC Japanグループと一般社団法人スカイラボは、女子中高生を対象に女性STEAMリーダー育成プログラム「Design Your Future~デザイン思考で未来を描こう」を共同で開催しました。

詳細はこちら

{{filterContent.facetedTitle}}

{{filterContent.facetedTitle}}

主要メンバー

鹿島 章

グループマネージングパートナー(戦略、マーケット), PwC Japan

Email

唐木 明子

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

Email

神馬 秀貴

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

Email