Skip to content Skip to footer
Search

Loading Results

ADAPT

PwCは、今日の世界が直面する5つの喫緊な課題とその影響を「Asymmetry(非対称性)」「Disruption(破壊的な変化)」「Age(人口動態)」「Polarisation(分断)」「Trust(信頼)」に整理しています。

ADAPTフレームワークについて

世界を変革する大きな趨勢である「メガトレンド」の長期的な影響が、すでに顕在化しつつあることは明らかです。各国政府や組織、社会はいずれも、近い将来にこうした傾向が顕在化することを懸念し、解決方法を模索しています。私たちは、「ADAPT」と名づけたフレームワークに基づいて、クライアントがこれらの課題に重点的に取り組むための支援を行っています。

世界の現状は複雑で理解しづらいものですが、危険なのはその複雑さに圧倒され身動きが取れなくなってしまうことです。ADAPTフレームワークは、人々がこうした問題の対処に向けて積極的な行動を起こせるよう、それらを分析し思考する一つの方法です。

ADAPTについて理解が深まるにつれ、太刀打ちできない気持ちになることがあるかもしれません。しかし、これらの課題には非常に大きな機会が潜んでいることが見てとれます。世界を新たな視点でとらえ、自分自身と自分が所属する組織・社会にとってプラスとなる行動を起こすにはどうすればよいかを見直すチャンスでもあるのです。

「ADAPT」がもたらす主な影響

貧富の差の拡大と中間層の衰退

  • 機会の不均等が悪化し、社会的流動性が低下する。
  • 国内および国家間の地域による不利益が拡大するおそれがある。
  • 従来の資金源が減少する。
  • 官民パートナーシップ(PPP)がより重要になる。
  • テクノロジー対応力の差によってさらに格差が拡大する。

テクノロジーの広がりやすさとそれが個人、社会、気候に与える影響

  • テクノロジーの発展と気候変動に伴って市場力学のダイナミクスが変化し、それに対するビジネスモデルの継続的な適応が必要となる。
  • 諸機関の改革は容易ではなく、失敗に終わるリスクもある。
  • 大規模な失業と仕事の変革が進行する。
  • 人間とテクノロジーの関係は継続的に変化する。
  • 気候変動が資源不足、財政への負荷、サプライチェーンへの脅威を引き起こす。
  • テクノロジー資本がさらなる差別化要因となる。

ビジネス、社会制度、経済への人口動態圧力

  • ニーズと消費のパターンが劇的に変化する。
  • 危機的に労働力が不足する。
  • 国を超えた収容力のミスマッチが起こる(インフラ、投資、組織の対応力、人材)。
  • 高齢人口の多い国では、高齢者は退職する余裕がなく、同時に社会システムにとっては大きな負担要因となる。
  • 若年人口の多い国では、思いきった雇用創出が求められる。

世界的なコンセンサスの崩壊や分断、ナショナリズムやポピュリズムの台頭

  • 人々は国内問題への関心を強め、その結果、国外の問題への関心が薄れる。
  • 政策上の判断はますます自国中心主義に偏る。
  • 社会の分断がさらに進む。
  • 各国間で資本と人材をめぐる獲得競争が起こる。
  • 国家間の対立と治安の悪化が進み、移民の流入が増加する。

社会を支える諸機関への信頼低下

  • 諸機関への評価は今後も下がり、汚職が組織の弱体化を招く。
  • 個人の安全やデジタルセキュリティに関する不安が増大する。
  • トライバリズム(同族主義)の台頭と、自身と異なるアイデンティティを持つ人々への不信が続く。
  • 懐疑的なものの見方をする人が増え、意義ある変革の実行が難しくなる。
  • 真実をめぐって異なる立場から議論されるようになる。

”ADAPTフレームワークを構成する要素は、今日の社会やビジネス、個人が直面する喫緊の課題です。これらは深刻で意見の分かれる、また簡単には答えの出せない問題です。しかし、私たちが今すぐ行動を起こさなければ、望むものとは逆の未来に向かうことになります”

Blair SheppardPwCネットワーク ストラテジー&リーダーシップチーム グローバルリーダー

Join the conversation on Twitter: #PwCADAPT

{{filterContent.facetedTitle}}