Skip to content Skip to footer
Search

Loading Results

監査およびアシュアランス

近年、企業価値を測る指標として、従来の財務情報に加え、SDGs/ESGやデジタルトランスフォーメーション(DX)といった経営課題への対応施策にかかわる非財務情報がその対象となっています。PwCあらた有限責任監査法人は、これらの経営課題への対応が求められる企業のニーズに応えるため、財務諸表監査はもとより、非財務情報にかかわる幅広いアシュアランス業務を展開しています。

私たちは、非財務情報にかかわるアシュアランス業務をブローダーアシュアランスサービス(BAS)と呼称しており、会計、内部統制、業務プロセス、システム、データ分析、リスクマネジメント、ガバナンス、コンプライアンスなどの知見を要する保証業務とアドバイザリー業務から構成されています。

私たちPwCあらたは、「1. 信頼の付与」「2. 信頼づくり支援」「3. 信頼基盤の創生」の品質を十分に保ち、効果的かつ効率的に高度化していくことが、社会の期待に応えることにつながると考えています。そのために、専門知見と実務知見を継続的に深め、広げていくための仕組みを整備し、運用と改良を継続的に行っています。

PwCのサービス

1. 信頼の付与

BASの提供を通じて、企業価値にかかわる経営課題やその解決に向けた投資や事業施策、先進的技術・ビジネスモデルに対する実務知見を獲得し、それらを活かすことで、より高品質かつ効果的な監査を実現しています。

2. 信頼づくり支援

企業価値の維持・向上につながる企業の各種投資、変革、事業報告に対して、アシュアランスの専門性に基づいたBASを提供することで、それら事業の信頼づくりに貢献しています。

3. 信頼基盤の創生

「1. 信頼の付与」や「2. 信頼づくり支援」にかかわる業務を通じて培ったアシュアランスの専門知見や実務知見を活かし、社会課題の解決や信頼の基盤づくりにつながる国や各種業界のガイドライン基準、制度の策定、およびその展開・運営に積極的に貢献しています。これは、私たちPwCのPurpose(存在意義)である「社会における信頼を構築し、重要な課題を解決する」ことを実践するための活動でもあります。

また、社会や企業はSociety5.0の実現に向け、DXの取り組みやそれに応じたガバナンストランスフォーメーション、アジャイルガバナンスへのシフトを進めています。私たちは「1. 信頼の付与」や「2. 信頼づくり支援」といったミッションを達成するために、それらのシフトに俊敏に対応し、デジタル・トラストサービス・プラットフォームの開発、そしてサービス展開を進めています。

Tomorrow's audit, today
――次世代デジタル監査への取り組み

PwCあらたは、会計監査の将来像を明確にし、プロフェッショナルのスキルとテクノロジーを融合した新時代の監査を通じて、デジタル社会に信頼を築くプロフェッショナルファームを目指します。

詳細はこちら