気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)関連サービス

気候変動が、規制や顧客の購買行動の変化、自然災害や原材料の生育地域の変化などを通じ、ビジネスに大きな影響を与えはじめています。投資家たちは、こうした変化に対して企業がどのように対応しようとしているのか、強い関心を抱いています。

気候変動対応に関する情報開示への要求を受け、金融安定理事会(FSB)の気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)は情報開示に係る提言を発表しました。この提言では、気候変動の影響を強く受ける重要セクターに対し、ガバナンス、戦略、リスクマネジメント、パフォーマンス指標と目標を開示することを推奨しています。

銀行、保険会社、資産保有組織(アセットオーナー)、資産運用機関(アセットマネジャー)、エネルギー、運輸、素材・建築物、農業・食品・木材製品などの重要セクターでビジネスに携わる企業は、こうした投資家からの期待に応えるとともに、実質的に自社がどのような気候変動リスクにさらされているのかを分析する必要があります。

PwCでは、TCFD対応に関する競合他社ベンチマーク調査、シナリオ分析、戦略策定、リスク管理体制構築、目標の設定、開示、モニタリングなどの一連の対応を支援しています。


{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}

主要メンバー

丸山 琢永

パートナー, PwCあらた有限責任監査法人, PwCビジネスアシュアランス合同会社

Email

磯貝 友紀

パートナー, PwCあらた有限責任監査法人

Email

山﨑 英幸

ディレクター, PwCあらた有限責任監査法人

Email