モビリティ(MaaS・自動運転)

PwCのグローバルネットワークと多岐にわたる分野の専門的知見、戦略から実行まで一貫して支援できる業務提供強能力を生かし、モビリティ産業が直面するさまざまな課題の解決を支援します。

ICT(情報通信技術)の普及など、マクロ環境の変化に伴い、マイカー以外の交通手段がサービス化され、私たちの移動のあり方は転換期を迎えつつあります。従来の自動車産業は、既存事業の高度化と新規事業の創出を迫られています。同時に、業界の垣根を越えて自動車産業以外のさまざまな企業が事業機会を模索しており、モビリティ産業と呼ぶべき新たな産業が創出されています。

PwCでは、今後、自動車・モビリティ産業の経営者が業界・自社の構造変化を乗り越えるための経営課題を、7大アジェンダとして整理しています。

  • 今後の移動の変化も考慮した経営のかじ取りをすべく設定するモビリティ将来シナリオ
  • 顧客・顧客体験を再定義すべく再設計するCX(Customer Experience)
  • 新事業(モビリティ領域)を創発すべく行う「MX(Mobility Transformation)」
  • デジタル技術によるバリューチェーン高度化・効率化を実現すべく行う「DX(Digital Transformation)」
  • “外科的療法”(事業・組織再編など)としての「避けられぬ事業再編」
  • “内科的療法”(経営・財務管理など)としての「両利きの経営、財務管理」
  • 自社の”存在意義”を再定義すべく探索する「進むべき方向性とポストCASE(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化)」

これら7つの経営課題に関わる変革を推進していく上では、自動車・モビリティ産業が従来持ち合わせていなかった視点が必要となります。私たちは、PwCの150カ国以上に広がるグローバルネットワーク、会計・財務・税務・コンサルティングといった多岐にわたる分野の専門的知見、そして戦略から実行まで一貫して支援できる業務提供能力を結集したモビリティ領域のバーチャルチームを組成し、企業・産業・社会に最適なソリューションを提供します。

{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}

{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.loadingText}}

主要メンバー

川原 英司

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

Email

北川 友彦

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

Email

轟木 光

ディレクター, PwCコンサルティング合同会社

Email

阿部 健太郎

シニアマネージャー, PwCコンサルティング合同会社

Email

藤田 裕二

シニアマネージャー, PwCコンサルティング合同会社

Email