Skip to content Skip to footer
Search

Loading Results

R&D(PLM)情報システム改革ソリューション

昨今、顧客要求の高度化や不透明化、働き方改革による労働時間の減少などにより、製品開発プロジェクトの複雑性や難易度は高まる一方です。その結果、日常業務に忙殺され、業務改善や効率化に対する取り組みを推進することがますます困難になっています。

また、IoTやAIなどデジタル技術の急激な発展によって、技術情報にとどまらず、生産現場や製品を使用するユーザーからの情報など、製品ライフサイクル全体で生み出される情報量が爆発的に増えています。日常業務を改善し、製品開発をより強力に推進するためには、これら膨大な情報を収集・蓄積・分析するための基盤を構築し、徹底的に活用する業務へ変革することが重要となります。

PwCではクライアントの業務改革プロジェクトに参画し、その基盤としてのR&D(PLM:プロダクト・ライフサイクル・マネジメント)情報システム導入を支援しています。情報システムの整備を通じて、フロントローディング型の開発プロセスの実現、業務・製品の標準化、技術資産蓄積などを促進し、結果的に製品QCD(品質・コスト・納期)目標の達成、トレーサビリティ確保といったR&D部門としての目標達成だけでなく、技術者の育成という面でも成果を上げています。

支援のスコープ

製品情報(顧客要求、機能・仕様、E-BOM、BOP/BOE、M-BOMなど)、開発プロセス情報(フェーズ、マイルストーン、タスクなど)、関連情報(図面、3D、環境情報など)、関連ツール(CAD/CAEなど)など、R&D業務遂行に関わる全ての情報システムを支援の対象としています。

また、コスト情報(材料費、加工費、その他経費)、生産情報(設備、工程など)、販売情報(顧客、仕向など)、保守情報(メンテナンス情報、不具合情報など)といったさまざまな情報とR&D情報との連携についても支援し、全社の戦略実行・業務推進のハブとしてR&D情報が活用されるようにします。

対象情報 システム

改革フェーズとしては、情報システム全般の構想策定をはじめ、要件定義、開発・検証、導入・展開、定着までを含む全フェーズを支援し、システム導入が狙い通りの効果を生み出せるようにします。

対象改革 システム

PwCのソリューションの特長

PwCが提供するR&D(PLM)情報システム改革ソリューションの特長は以下の5つです。

R&D戦略 業務改革との連動

R&D戦略・業務改革との連動

 

情報システム改革のみではなく、必要なR&D戦略立案や業務改革と整合性のとれた支援を行うことにより、改革の効果を最大化します。

情報システム改革 テンプレートの活用

情報システム改革テンプレートの活用

 

各フェーズにおけるアプローチ、論点、作成物などのテンプレートを用いることにより、手戻りなく、効率的な改革プロジェクトの推進を支援します。

中立性の 担保

中立性の担保

 

改革の目的や状況に照らし合わせて最適なシステムを選定できるように、特定のツールやベンダーに縛られることなく中立性を保ちながら、幅広い選択肢の抽出、選定の視点定義、比較・検討・絞り込みなどを支援します。

R&D領域以外の業務 システムとの連動

R&D領域以外の業務・システムとの連動

PwCには、原価、購買、生産、販売、保守などR&D以外の業務領域の専門家やERPなどR&Dシステム以外の専門家も多数在籍しています。これらの専門家と連携することにより、R&D情報が全社の戦略実行・業務遂行におけるハブとして活用されるように支援します。

グローバル ネットワーク

グローバルネットワーク

 

PwCのグローバルネットワークを通じて、海外の最新動向を入手・活用することができます。また情報システムのグローバル展開にあたって、シームレスな支援が可能です。

{{filterContent.facetedTitle}}

主要メンバー

寺島 克也

ディレクター, PwCコンサルティング合同会社

Email

志保田 与

シニアマネージャー, PwCコンサルティング合同会社

Email