デジタルによる工場マネジメントの高度化

自動車製造業を取り巻く環境変化

「マスカスタマイゼーション」による車種・仕様の増加や、「コネクテッド化・電動化」によるソフトウェア化のさらなる進展などにより、製造工程における品質の検証・検査項目はますます増加傾向にあります。これらに対応するため、自動車製造・組立工場では、品質に関連する生産実績データや作業実績データあるいは設備データなどを細かく幅広く収集できるよう、生産管理システムや工程管理システムにIoTを統合した拡張・再構築が行われています。

これに加え、車体から得られるデータや修理データなども組み合わせ、さらには、AIを搭載した高度な分析ツールを購入し、不具合箇所の特定や不具合の予兆などの答えやヒントを得ることを目指しています。

IoT・AIの活用による新しい工場マネジメントの考え方

しかしながら、「大量のデータ」や「高度なツール」を前にして、

何から手を付けるべきなのか?
どのようなスキルが必要なのか?
社内で担当者の育成が可能か?
製造現場の知識・経験をどのようにAIに教えていけばよいのか?
どのようにして品質向上活動につなげるか?

といった課題に直面するケースが見受けられます。変革に向けた取り組みを実際に推進していくためには、データとツールだけでなく、製造品質管理の業務を理解しながらこれらのデータを活用・分析するスキルや段階的に成果を生み出していくための方法論、さらには製造部門のみならず、サービスや設計部門などの周辺部門と協力体制を構築するためのプロジェクト管理など、さまざまなスキルを統合的に活用していく必要があります。

従来は、既存の生産計画に利用する工場管理指標と生産実績の結果をチェックし、現場知見を踏まえながら、問題ごとに都度、原因特定と対策実施を繰り返していました。
IoTを活用した工場マネジメントでは、4Mの観点から既存データのデータモデリングを実施、収集・蓄積したデータの網羅的分析を行い、得られた示唆をもとに、

  • 設計への製造条件のフィードバック
  • 事前予知による実行の制御
  • 真因の解析による対策実施

を繰り返しながら、工場マネジメントを進化させることができます。
PwCは、IoTを活用した工場マネジメントサイクルを効果的に実現するために、以下の3つのアプローチによって活動の推進を支援します。

段階的な高度化

最初からIoTやAIを導入するのではなく、まずは手持ちのデータから問題特定・原因把握を行い、そこから見えてきた課題に応じてIoTやAIを順次活用し、より詳細なデータを収集・分析、高度化を図っていきます。このアプローチにより、効果と結びついたデータ活用を実現します。

モノづくり全体でのデータ活用

IoTを活用したデータ分析にとどまらず、工程間の品質データや製品出荷後の市場品質データまでを視野に入れ、モノづくりプロセス全体のデータ活用による品質課題解決を目指します。

人とITの協働

ビッグデータやAIを活用して導出された相関関係の中から、人が因果関係を抽出して不具合発生の源流対策を導くといった、「人とITの協働」による課題解決アプローチを採用しています。

主なサービス

1.アナリティクス

既存データから示唆を見いだすために、QCDの観点から見える化を行い、不具合・コスト・稼働の深堀分析を実施します。そこから見えてくる課題に応じて、IoTデータを活用し、現場エキスパートの知見を交えて源流対策を行います。

さらに、AIの予測モデルを用いて問題を事前に予知することにより、生産性向上を目指します。

2.データマネジメント

単にIoTデータを収集・蓄積するだけでは、ビジネスにつながる価値を生み出すことはできません。PwCでは、製造業・生産管理に精通したコンサルタントとデータアナリティクスコンサルタントが連携し、将来を踏まえたデータ活用の定義・設計を行い、Man,Machine,Material,Methodの変化点を意識したデータモデルを作成します。

さらに、IoTデータの収集・蓄積・加工・統合のアプローチ設計やデータマネジメントも行います。

3.IoTプラットフォーム

製造現場におけるIoTデータの活用推進にあたっては、IoTプラットフォームの整備が急務です。そのためには、センサー設置機器の標準化、ネットワークの標準化、エッジデータの格納方法、セキュリティの整備、既存システムとの連携といった広範囲にわたる検討が必要不可欠です。

PwCでは自動車製造業務・品質管理業務に精通しつつ、高度なデータ分析のスキルとIoT/EdgeやAIといった先進テクノロジーの知見を併せ持った「チーム」によってプロジェクトを推進します。

工場マネジメントの高度化体験プラットフォーム
「Factory Digital Transformation」

Factory Digital Transformation(ファクトリー・デジタル・トランスフォーメーション)は、デジタル工場を模した実機デモを用いて、IoTプラットフォームによるデータ収集、収集・蓄積したデータの活用(見える化)、データアナリティクスによる示唆だしをクライアントが実際に体験することができるプラットフォームです。

まず、実機デモを通じてデジタル工場を体験することで、IoTデバイスとアナリティクスの活用シーンや手法、その結果得られる効果を体感いただきます。そして、そこから見えてくるクライアントの課題に応じて、PwCの製造業・生産管理に精通したコンサルタントとデータアナリティクスコンサルタントが連携し、データの収集から蓄積、活用まで包括的なアドバイスを提供することにより、クライアントの工場マネジメント高度化を支援します。

「Factory Digital Transformation」体験ご希望・お問い合わせフォーム


{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}

主要メンバー

矢澤 嘉治

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

Email

三善 心平

ディレクター, PwCコンサルティング合同会社

Email

内田 裕之

マネージャー, PwCコンサルティング合同会社

Email