Skip to content Skip to footer
Search

Loading Results

Quality Innovation

品質不正の未然/再発防止に向けて、製造業の設計・製造品質を抜本的に改革する

昨今の社会・経済環境の変化や各種テクノロジーの進展などを背景に、顧客要求がこれまで以上に高度化・不透明化し、競合の脅威も高まっています。また働き方改革による労働時間の減少や、新型コロナウイルス感染症の蔓延に伴う業務環境の急激な変化など、製造業各社のビジネス環境はより一層厳しさを増しています。

こうした中、製造業における法定検査違反やデータ改ざんといった品質不正が相次いで報道されています。いまや、自社やサプライヤーまで含めた全体の品質保証を、従来のTQM(Total Quality Management)だけで成立させていくことは困難な状況にあると言えます。

この課題に立ち向かうためには、品質に対する考え方を抜本的に変えることが必要です。より効率的な資源投入と品質に関わるコストの最少化を進めなければ、今後ますます複雑化・難化する品質保証に対して収益が成り立たず、不正が繰り返されることになりかねません。

PwCではこれまで、製造業各社の「攻め」と「守り」の両面からの設計/製造品質改革を支援し、効果的・効率的な改革活動の推進や、変革後の新たな業務の定着化を数多く実現してきました。その実績を踏まえ、設計/製造品質に課題を抱える製造業企業の抜本的な品質改革を実現するソリューションを提供します。

Quality Innovation

PwCは、商品のダイレクトな品質向上を通じた品質イノベーションを支援します。業務品質を起点とした改革/改善活動とは異なり、商品に発生した品質問題を起点として、その問題の再発防止や今後新たに発生が懸念される問題への対策を行います。

品質問題に対する恒久対策としての「設計品質改革」「製造品質改革」および応急対策としての「Quality Digital Transformation」の3つを柱として、戦略、業務プロセス、組織・人材、設備・工法、ITシステムをグローバルに改革します。

Quality Innovation

{{filterContent.facetedTitle}}

主要メンバー

渡辺 智宏

ディレクター, PwCコンサルティング合同会社

Email

大野 元嗣

ディレクター, PwCコンサルティング合同会社

Email

山田 功次

マネージャー, PwCコンサルティング合同会社

Email

土本 淳二

マネージャー, PwCコンサルティング合同会社

Email