Skip to content Skip to footer
Search

Loading Results

オペレーションズ(R&D/PLM)

R&D(研究開発)を含むエンジニアリングチェーンおよびPLM(Product Lifecycle Management)の領域において、さまざまな業界の経験・知見を備えたプロフェッショナルが、プロジェクトの戦略立案から実行まで一貫して支援します。

「両利きの経営」をR&Dがグリップする

R&D機能を含むエンジニアリングチェーンの役割として、主に「既存事業での持続的改善による価値の最大化」と、「技術を強みに新たな成長の柱を生み出す新規事業開発」の2つが求められています。

具体的には、既存事業における商品(製品・サービス)開発のQCD(品質・コスト・納期)水準高度化と、自社の強みである技術を活用した新規事業の企画・開発です。既存事業領域においては、商品開発力を持続的に改善しながら価値の最大化を図ることが重要です。また、新規事業領域においては、新たな企業成長の柱を探し、生み出すことがエンジニアリングチェーンに求められます。

PwCコンサルティングが日経BP社と共同で2021年3月に新規事業開発に関する実態調査を行ったところ、製造業各社のうち約8割が自社の技術力をベースとして新規事業開発を行っているという結果が出ています。この結果からも分かるように、製造業における新規事業の開発にあたっては、これまで蓄積してきた技術を司るエンジニアリングチェーンが主体的に関与することにより、次世代の事業の種を生み出し、育てていく必要があります。

「両利きの経営」をR & Dがグリップする

PwCが提供する3つのコンサルティングサービス

PwCは「技術を強みとした新規事業開発」「R&D業務改革」「R&Dデジタル改革」の3本を柱として、R&D/PLM領域のコンサルティングサービスを提供しています。

「技術を強みとした新規事業開発」は、製造業が培ってきた「技術」を起点とし、デジタル技術も活用しながら、魅力ある新規事業やコト売りビジネスを企画・開発していくための業務プロセス・組織体制などの構築や新規事業開発推進を支援します。

「R&D業務改革」は、R&D領域において最も重要かつ緊急性の高い問題・課題を多角的に検証し、さまざまな業務・組織改革の手法を用いることで、売上/QCDの高度化(品質改善、原価低減、リードタイム短縮)の実現を支援します。

「R&Dデジタル改革」は、R&D機能におけるDXに必須となる技術情報基盤(PLMシステム)の整備や、デジタルを活用したQCD改革に向けたITシステムの構想立案、業務要件定義、最適なパッケージの選定などを支援します。

PwCが提供する 3つのコンサルティングサービス

{{filterContent.facetedTitle}}

主要メンバー

寺島 克也

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

Email

渡辺 智宏

ディレクター, PwCコンサルティング合同会社

Email

渡邉 伸一郎

シニアマネージャー, PwCコンサルティング合同会社

Email

嶋田 充宏

シニアマネージャー, PwCコンサルティング合同会社

Email