サイバーセキュリティコンサルティング

PwCは、業種・業界の特性を踏まえ、さまざまなアプローチを通じて、クライアントにとって最適なサイバーセキュリティ対策を実行します。

新型コロナウイルス(COVID-19)に乗じたサイバーセキュリティ攻撃への対応

新型コロナウイルス(COVID-19)は、人的・経済的に世界へ大きな影響を及ぼしており、その混乱が続いています。PwC Globalネットワークでは、 新型コロナウイルス  に関連したサイバーセキュリティ攻撃の動向を取りまとめています。詳しい情報、個別案件への取り組みにつきましては、PwC Japan グループ サイバーセキュリティチームまでお問い合わせください。

COVID-19に乗じたサイバー攻撃への対応方法 [English]

企業が直面するサイバーセキュリティの課題

第三者からのサイバー攻撃がビジネスに与えるインパクトが大きくなり、それによるサイバーインシデントがビジネス継続の成否に直結する時代になりました。サイバー攻撃の対象は、企業のITシステムにとどまらず、スマートファクトリーやコネクテッドカーなど、IT以外の領域にも広がっています。また、海外拠点や中小企業などを狙ったサプライチェーン攻撃も脅威を増しています。グローバルにビジネスを展開する企業には、あらゆる領域においてサイバーインシデントが発生し得るという前提に立った対策が求められています。

PwCのアプローチと提供サービス

PwCは、企業のITシステム、OT(Operational Technology)システム、IoTの領域におけるサイバーセキュリティ対策を支援します。サイバーセキュリティ管理が難しい海外拠点でも、PwCが有するグローバルネットワークを活用し、戦略立案から実行まで包括的な支援を提供します。具体的には、高度なサイバー攻撃の検知をはじめ、インシデントが発生した際の迅速な事故対応や被害の最小化、さらには再発防止から対策の抜本的見直しまで、業種・業界の特性を踏まえたさまざまなアプローチを通じて、クライアントにとって最適なサイバーセキュリティ対策を実行します。

セキュリティアセスメント

セキュリティコンサルティング

インシデントレスポンス

  • セキュリティインシデント発生時の調査支援
  • デジタルフォレンジック(マルウェア解析など)
  • 第三者委員会の運営支援
  • ステークホルダー・マネジメント(顧客、法務、広報、監督官庁など)

セキュリティインテリジェンス

  • グローバルなセキュリティ動向調査・レポート
  • グローバル・セキュリティサーベイ
  • 政府・関係機関への提言・アドバイス
  • セキュリティ分野の官民連携支援

フォーカスソリューション

PwCのサイバーセキュリティサービスでは、以下のテーマに注力して推進しています。

製品サイバーセキュリティ~つながる製品・設備のサイバーセキュリティ

PwCでは、デジタル技術で制御されるさまざまな製品における脅威や脆弱性・セキュリティインシデントが発生した際に生じるビジネス上の脅威に備えるための「製品サイバーセキュリティ」対策を支援します。

詳細はこちら

産業用制御システム(ICS)セキュリティ~IoT化が進むICS環境のセキュリティ

PwCは、ICS環境のセキュリティリスクを低減させるために、自社内の対策に加え、複数のステークホルダーで構成するサプライチェーン全体を俯瞰し、包括的かつ継続的なリスクマネジメントの実行を支援します。

詳細はこちら

コネクテッドカー・サイバーセキュリティ~信頼でつながるセキュアなモビリティ社会の実現

車がデジタル化されるこれからのモビリティ社会においては、車の開発から廃棄までライフサイクル全てのフェーズでセキュリティ対策が必要です。PwCはデジタル化されるモビリティ社会の信頼構築を支援します。

詳細はこちら

{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}

主要メンバー

外村 慶

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

Email

綾部 泰二

パートナー, PwCあらた有限責任監査法人

Email

林 和洋

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

Email