ワーキング・キャピタル・スタディ 2022‐2023 ――さらなる激動に向けて、どのような対策を講じるべきか

2023-04-10

経済的混乱が高まり、資金調達が困難かつ高コストになる中、流動性確保の重要性が徐々に高まっています。そのため、キャッシュフロー管理の徹底と運転資本の最適化がかつてないほど重要になっています。

不安定な経済環境や市場の混乱が続く中、運転資本を最適化することは次の危機に対する備えとなります。

また金利上昇局面においては、運転資本の最適化を通じた余剰資金の捻出・有効活用がますます重要になります。

本レポートでは世界の企業18,000社を対象に運転資本の分析を行うとともに、経済環境の変化に伴う運転資本への影響、またその対策について論じます。

<内容>

1. エグゼクティブサマリー(グローバル調査結果)

2. 調査結果からの示唆

3. 混乱期における運転資本の改善

4. 運転資本に係る潜在リスク

5. 経済環境の悪化に伴う運転資本への期待

6. 流動性の低下と金利上昇の初期的兆候

7. 影響の多寡はセクターや規模に依存

8. 日本版補記

{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}