Connected Supply Chain(コネクテッドサプライチェーン)ソリューション

サプライチェーンをインテリジェントなデジタルエコシステムに変革するには?

コネクテッドサプライチェーンとは

顧客の需要を満たし、規制要件に対応し、ビジネスに影響が及ぶ前にリスクを見抜き、その上でサプライチェーンを最適化するには、テクノロジーや卓越した機能を導入するだけでは不十分です。これには、オペレーション全般に関わる変革と統合が必要です。

PwCのConnected Supply Chain(コネクテッドサプライチェーン)ソリューションは、デジタル化された、高度で透明性が高く、エンドツーエンドかつ相互に連携が取れたサプライチェーンの設計と実装を支援します。これにより、経済動向に左右されない、合理化とコスト効率の向上が可能になります。

高度なアナリティクスを活用した、予測性、レジリエンス、応答性を高める新しいダイナミックエコシステム

「スピード」「リスク」「利益」のための最適化

従来の線形サプライチェーンの課題

機能がサイロ化されている、パートナーの業務の中身が見えない、必要な時と場所に適切に製品を供給できない――さて、その結果はどうなるでしょう。オペレーションは非効率的になり、顧客の満足度は低下するに違いありません。従来の線形のサプライチェーンは、業務上の盲点を生み出し、知識格差、リアルタイム情報の欠如を助長します。これらの課題を解消し、受身の態勢から確かなリーダーシップに基づく積極的なオペレーションへと変革を遂げるためには、知性と自動化を備え、機能的で適応性が高い「統合された(コネクテッド)サプライチェーン」のエコシステムを構築する必要があります。

激動の時代におけるサプライチェーンの優位性

PwCが実施した「統合的かつ自律的なサプライチェーンエコシステムの有効性と考察2025」調査では、33カ国、7つの主要産業分野における1,600人以上のサプライチェーン担当エグゼクティブに対して調査を行い、トレンドや重要な知見、ケーススタディをとりまとめました。

詳細はこちら

Playback of this video is not currently available

今日すべきは明日の準備

現実とデジタルの融合によって生み出される革命的な機会を活用して、サプライチェーンを変革します。

AI、機械学習、IoTなどのデジタル技術や高度なアナリティクスを活用して、より良い結果へ導きます。

Supply Chain Intelligence(サプライチェーン・インテリジェンス)は、データ取り込みツールを提供し、高度なアナリティクスとAIを活用することで、オペレーションに関するデータを示唆に富んだビジュアルに変換、視覚化します。これにより改善点を特定、定量化し、サプライチェーンのパフォーマンスを向上させます。

オラクルとSAPのプラットフォーム上に構築されたPwCのデマンドセンシングソリューションは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のような混乱が生じた際にサプライチェーンにおける迅速な対応を可能にします。いくつもの内部情報(価格、販売パイプライン)と外部情報(天気、顧客レビュー)から需要を捉え、高度なアナリティクスおよび機械学習アルゴリズムを通じて、より正確な計画を立案することができます。

A more transparent, responsive supply chain

コネクテッドサプライチェーンの導入モデル

XYZ社の製品プランナーであるMarc Smithは、同社の人気商品であるフィットネス・トラッキング・リストバンドの需要急増に関する通知を、コネクテッドサプライチェーンのアプリケーションから受信しました。

月曜日の朝、職場に着くと、潜在的な供給不足による影響が緩和していることを期待しつつ、現状を確認するためにアプリケーションにログインします。

デリバリー最大化

大手企業を対象とした300以上のデジタルオペレーションの支援実績があります。

高度なデジタルアーキテクチャを導入し、飛躍した世界的な産業メーカー

PwCは、企業とサプライチェーンを統合し、適切なデータを適切なタイミングに適切な場所へ配信できるように支援しました。

サプライチェーンの統合により大きな変化を迎える準備ができた大手ストア

差別化されたサプライチェーンを導入することによって将来的に43%の収益増達成を見込んでいます。

バリューチェーンの変革とサプライチェーンの統合を行った国内日用消費財大手

PwCは、国内日用消費財大手企業のデジタル戦略とバリューチェーンデザインの統合を支援しました。


スマートに、移り変わる

サプライチェーンの統合は難しいように思われますが、PwCのソリューションでは、小さな改善を積み上げるアジャイルアプローチを通じて変革を進めます。

この変革は、顧客、原材料や部品のサプライヤー、消耗品や完成品の輸送業者に透明性をもたらします。同時にこのソリューションは、最大の資産である「人材」にも対応しています。組織のパフォーマンスと生産性が飛躍的に向上するような新しい環境において、従業員/社員のスキル向上と成長を支援します。


利益をもたらすデジタルオペレーションへの投資

デジタルオペレーションに積極的に投資し、デジタルチャンピオンになることを目指している企業は、2023年までに25%の売上成長、21%の効率性向上が期待できます。一方で投資を制限している企業は、売上成長は9%、効率性向上は7%にとどまる見通しです。

「イノベーション」「スピード」そして「テクノロジー」

PwCは、インテリジェント企業への変革を強力にサポートします。サプライチェーン特有の細かなニュアンスと複雑さに精通していることを強みとして、あらゆるビジネスの軸となりうる柔軟なソリューションを開発、提供しています。

アライアンスパートナーであるオラクル、SAPの2つのクラウドベース・テクノロジーにより、PwCのソリューションには、豊富な経験から得られたベストプラクティスやアクセラレータ、知見を組み込んでいます。これにより現状のオペレーションを検証し、よりスマートなサプライチェーンを設計することができます。

 

PwCのPredictable Valueアプローチは、クライアントが目指す事業成果の実証や価値・スピード・焦点・機敏性、そしてアイデアと結果の間に生じるギャップの解消に重点を置いています(オラクル)。

Intelligent Digitalが企業の高度化を推進します。PwCは統合力を生かした生産とコストの最適化を支援します(SAP)。

成果を最大化するサプライチェーンへ

未来の成果の最大化に向けて、よりスマートで機敏かつ適応力の高い態勢を整える準備はできていますか。
PwCは、オペレーションの高度化を支援します。

お問い合わせ


{{filterContent.facetedTitle}}

主要メンバー

田中 大海

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

Email

伊勢田 伸

ディレクター, PwCコンサルティング合同会社

Email

藤倉 麻実子

ディレクター, PwCコンサルティング合同会社

Email