Skip to content Skip to footer
Search

Loading Results

統合的かつ自律的なサプライチェーンエコシステムの有効性と考察2025

  • 1,600+

    33の地域における7つの主要産業分野の企業におけるエグゼクティブを対象に調査

  • ~9%

    デジタルチャンピオンが先進的なケイパビリティ開発に行った投資のうちサプライチェーンコストが占める比率

  • ~7%

    デジタルチャンピオンのサプライチェーン関連コスト削減効果

  • ~8%

    デジタルチャンピオンの増収効果

激動の時代におけるデジタルサプライチェーンの優位性

顧客の行動と期待は劇的に変化しつつあり、主要産業企業の既成のサプライチェーンとオペレーション体制に困難をもたらしています。サプライチェーンは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響をはじめとする大きな混乱に直面し、混迷を深めています。そして、デジタル技術は企業経営のあらゆる側面に影響を与えています。この変化し続ける市場において成功を収めるには、線形のサプライチェーンから統合的かつ自律的なサプライチェーンへとエコシステムを変革する必要があります。

「先進的なサプライチェーンケイパビリティの開発は、経済的に強い意味を持ち、混乱に対応し得る俊敏性をもたらす」

Reinhard Geissbauer, Global Digital Operations Partner

サプライチェーンエクセレンスへの投資が実を結ぶ

本調査では、1,600人以上のサプライチェーン担当エグゼクティブを調査し、サプライチェーンの優位性を先取りしている企業を特定しました。私たちはそれらの企業をサプライチェーンのデジタルチャンピオンと命名しましたが、以下の点において投資が利益をもたらすことを証明しています。

Global Digital Operations Study 2018と同様の手法を使用して、サプライチェーンの成熟度別に会社をランク付けする指標を開発しました。そのスコアに基づいて、デジタルチャンピオン、デジタルイノベーター、デジタルフォロワー、デジタル初心者の4つのカテゴリーのいずれかに企業をグループ分けしました。これらの用語は、インタビューを受けた企業のサプライチェーン成熟度を具体的に示しています。

特定の会社がこれらのグループのどこに当てはまるかを測定するために、合計100ポイントをさまざまなレベルのデジタルケイパビリティと進捗に割り当てました。高度なサプライチェーンケイパビリティの実装には最大25ポイント、サプライチェーンケイパビリティ加速のためにAIを使用している場合は10ポイント、ソフトウェアベースのサプライチェーン技術の実装には25ポイント、全体的なパフォーマンス影響には15ポイント、実証された収益(10)とコスト(15)の影響には25ポイントを割り当てています。指数は累積的であるため、事業がより統合され、より広範に高度なサプライチェーン機能が実装されるほど、指数値は高くなります。

1.8年 先進的なサプライチェーンケイパビリティへの投資回収期間

収益増加とコスト削減

Close

より信頼性の高いデリバリー

Close

在庫削減

Close

数字以上の利点

Close
Digital supply chain

デジタルチャンピオン2025

変動性や不確実さ、大規模な混乱は、企業にサプライチェーンのレベルを迅速に引き上げ、シフトすることを促しています。
成功の鍵は、より統合された、自己調和のとれたサプライチェーンのエコシステムへと変革することです。これによってビジネスの機会を迅速に予測し、課題やリスクが発生する前に対処することができます。

Duration: 00:02:33

ビジョン

未来のサプライチェーンは統合され、自己調和のとれたエコシステムになります: デジタルチャンピオンの80%以上が、サプライチェーンの焦点は社外との統合またはエンドツーエンドの調和と述べています。

利点

サプライチェーンエクセレンスへの投資が実を結びます: デジタルチャンピオンは、サプライチェーンコストを年率6.8%削減し、収益を7.7%増加させました。

サプライチェーンの透明性とサステナビリティ

サプライチェーンの透明性の確保は、サステナビリティを高める環境整備および推進において重要です: デジタルチャンピオンの50%以上は、サプライチェーンの透明性を確保することの優先度は高い、または最優先であると述べています。

クローズドループと統合計画

次世代のサプライチェーン施策は、ほぼリアルタイムで実行、連携し、サプライチェーンパートナーと統合することによって、継続的な最適化を可能にします: デジタルチャンピオンの72%がエンドツーエンドのサプライチェーン施策を導入しており、実行系業務とのクローズドループに向け、次の段階に進んでいます。

スマート物流フロー

スマート物流は、コネクテッドサプライチェーンのエコシステムにおける主要なコスト削減ドライバーであり、成長を後押しします: デジタルチャンピオンはスマート物流を自身のサプライチェーンにおける最優先事項として位置づけています。サプライチェーン全体のコスト削減の50%以上をスマート物流によって実現しています。

動的なサプライチェーンセグメンテーション

動的なサプライチェーンセグメンテーションは、顧客中心主義を強化し、サービスレベルやコスト、マージンのバランスを継続的に調整します: デジタルチャンピオンの73%がすでにセグメンテーションを実装しており、事業に対してポジティブな影響を強く与えていると述べています。

AIを駆使したサプライチェーンマネジメント

AIは、サプライチェーンの改善を加速させ、それが新しい規範となるでしょう: デジタルチャンピオンは、AIが価値をもたらす領域をはっきりと認識しており、デジタル初心者よりもAIを2~3倍活用しています。

オペレーティングモデル開発

次世代のサプライチェーン組織と機能を通じて、未来のサプライチェーンの課題に対応します: 絶えず変化する環境に打ち勝つためには、企業はデジタル技術を駆使した柔軟な組織を構築し、スキルアップを図る必要があります。

サプライチェーンを管理するにあたって直面する多様な課題を克服するための組織変革を企業はどのように成し遂げられるでしょうか

多くの企業にとって、市場環境はますます難しくなっています。企業は絶え間ない変化に対処するために、継続的に進化し、改善する必要があります。エンドツーエンドのバリューチェーンを常に念頭に置き、その変革を達成するためには、継続的なイノベーションと機能横断的なコラボレーションという企業文化が必要です。一般的に言われている顧客ニーズだけでなく、工場、倉庫、バックエンド技術まで、あらゆるものを考慮する必要があります。そして、鍵となる基本原則こそが企業の変革を後押しできると考えます。

サプライチェーンエクセレンスを促進し、未来のサプライチェーン課題に対応するための組織を再構築するには

サプライチェーンのチーム、コミュニティを立ち上げるには

機能横断的なチーム、コミュニティ、サプライチェーンのセンターオブエクセレンスを設定することによって、継続的な開発・展開アプローチを適用し、先進的なケイパビリティを推進します。

従業員が必要なスキルを正しく習得するために何をすべきですか

デジタル人材の招聘とサプライチェーンに関わる従業員のスキルアップを通じて、自己学習と継続的な改善を行う組織を確立します。

ITに関しては何が最も重要ですか

ビジネス、プロセス、IT、高度なアナリティクスを結合し、ビジネス主導の変革を可能にするため、最先端のテクノロジーバックボーンを確立し、高度な分析とITをサプライチェーンに組み込む必要があります。

誰が関与すべきですか

サプライチェーンのイノベーションを推進するには、広範囲にわたるパートナーとのエコシステムとともに新たなコラボレーションモデルを確立することが必要です。

主要メンバー

田中 大海

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

Email

鈴木 慎介

パートナー, PwCアドバイザリー合同会社

Email

伊勢田 伸

ディレクター, PwCコンサルティング合同会社

Email

藤倉 麻実子

ディレクター, PwCコンサルティング合同会社

Email

{{filterContent.facetedTitle}}