サプライヤーリスク管理――安定調達実現に向けた取り引き構造の階層化と調達リスクの定量化

外部環境の変化:昨今のサプライヤーリスクは多様化し、複雑さが増大

サプライヤーリスクは多様化し、リスクマネジメントが複雑化しています。今後は、調達戦略とリスクマネジメントが一体となった運用が不可欠となります。

調達課題①:Tier 1のみの表層的管理

  • インシデントはTier 2以下での発生が多い中、多くの企業はTier 1サプライヤーのみに限った管理をしています。
  • Tier 1サプライヤーの協力を得られない、もしくは工数不足であることが、Tier全体の可視化を実現できない要因と考えます。

調達課題②:財務リスクなどにとどまる旧来型管理

  • 企業の対応のほとんどは、財務面などの一部のリスク管理にとどまっています。
  • リスクごとにツールが異なるため、調査工数の負荷が大きくなり、管理が煩雑になっています。特に海外の最新情報の収集には多くの企業で苦労しています。

リスクマネジメントのあるべき姿:取り引き構造を可視化し、6つのリスクを定量的かつ定性的に評価

  • 当社ではサプライヤー階層の可視化と各サプライヤーにおけるリスクをリアルタイムに一元管理できるシステムを提供します。
  • 各リスクは定量的に評価され、かつどのようなリスクがあるのか、リスク要因を定性情報として見ることが可能です。

サプライヤーリスク管理ツールの概要

  • 当社が導入支援を行うサプライヤーリスク管理ツールの1つとして、あらゆるサプライチェーンのデータについて機械学習された、Interos社が提供するSaaSプラットフォームのAIモデルがあります。
  • サプライヤー階層とサプライヤー個々のリスク総評および深掘りした各リスクの状況や要因について、ダッシュボードでリアルタイムに把握できます。管理が容易になることから最低限のリソースで運用でき、本来の付加価値業務に注力することが可能です。

PwCコンサルティング合同会社の支援概要:リスクマネジメントの基盤作りから運用定着までのトライアル実行支援

  1. 【仕組み作り】業界や製品の特性とクライアントの方針に合わせ、リスクマネジメントが定常的に回る業務プロセスおよび仕組みを設計し、円滑に運用できるための支援を行います。
  2. 【リスクの対処】発生したリスクの該当製品/部品を特定し、対象サプライヤーには納期の対策検討を要求するとともに、次期開発品や既存調達品の代替品調達検討と切替実行までの一連のプロセスにおいて、伴走支援を実施します。
(例1)輸配送経路の 最適化

サプライヤーリスク管理

{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}

{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}

主要メンバー

野田 武

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

Email

小山 元

ディレクター, PwCコンサルティング合同会社

Email

本ページに関するお問い合わせ